これを読めば大丈夫!オリジナルTシャツにプリントできる写真の選び方を詳しく解説します。

あなたはオリジナルTシャツを作ったことがありますか?
この記事では、オリジナルTシャツを作る際の写真の選び方について解説していきます。
世界に一つのオリジナルTシャツを作ることで、自分一人だけ周りのみんなと違うTシャツ持っているという特別感や、みんなと共有することで団結力が高まるなどいいことがたくさんあります。
しかし、何の知識もないまま写真を適当に選んでオリジナルTシャツを作ってしまうと、知らない間に権利を犯してしまって、最悪の場合は罰則を受けてしまう可能性があります。
そうならないためにも、まずは写真を選ぶときの注意点をご紹介していきます。

□写真を選ぶときの権利侵害に対する注意点

写真を選ぶときには、著作権、肖像権、パブリシティ権に注意しなければなりません。
では、それぞれの権利について詳しく見ていきます。

*著作権

著作権は知的財産権の一種であり、美術、音楽、文芸、学術など作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利です。
著作権を与えることにより著作者の創作意欲や経済的利益を保護することで、文化の保護と発展を実現することを目的としています。
著作権は著作物が作られた瞬間に発生し、権利の登録といった手続きはなく、50年ほどの保護期間があります。
よって、アニメのキャラクターや、企業のキャラクター、ブランドロゴなどが入った写真を無断で使用すると著作権の侵害になってしまいます。
またアニメや企業だけでなく、一般人がとった写真も無断で使用すると著作権の侵害になってしまう可能性があります。
著作権を侵害してしまうと、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金という意外に重い罰則を課されてしまうので十分な注意が必要です。
著作物によっては独自のガイドラインを設けているものもあり、場合によっては著作者の許可なく利用できるものもありますが、無断で著作物を編集してしまうと、著作人格権の侵害となってしまい、5年以下の懲役または500万円以下の罰金を課されてしまうので注意してください。

*肖像権

肖像権は人格権ないしプライバシーの権利の一種とされ、他人から無断で写真や映像を撮られたり無断で公表されたり利用されたりしないように主張できる権利です。
肖像権は法律上で定められていないので罰則は裁量に任せられます。
実例として120万円の損害賠償責任が課された例があるので注意しましょう。
どの用途で使うのかや、どのような媒体で公開するのかをきちんと説明した上で、被写体に口頭もしくは書面で同意を得た場合は肖像権の侵害とはなりません。
また、同意を得られなかった場合でも、被写体の社会生活に被害の及ばない程度の写真だと問題ないです。
さらに、個人が特定できない場合や、パレードや祭りなど、公の場所での行動を撮影した場合も、撮影の同意を得たものとして捉えられるので大丈夫です。

*パブリシティ権

芸能人やスポーツ選手のような有名人は、有名であるがゆえに肖像権やプライバシー権の行使が制限されていると解釈されています。
一方で、有名人の経済的な価値を保護するためにパブリシティ権は生み出されました。
肖像権と同様に法律上では定められていないので罰則は裁量に任せられます。
本人や事務所の許可なく有名人の写真を写真集や雑誌からスキャンしたり、加工して作り替えたりした場合は、パブリシティ権の侵害となってしまいます。

□実際にどんな写真にするのか

ここまでは、写真を選ぶ際に注意すべき権利について説明してきました。
では、次に実際にどんな写真を選べば良いのかを簡単に紹介していきます。
例えば、オリジナルTシャツを家族などの身近な人と共有する場合は、許可をきちんととった上で、その人たちととった写真をTシャツにすると良いでしょう。
また、何かしらのグループ内で共有する場合は、グループ全員の同意のもとで、集合写真をTシャツにすることをオススメします。
大好きな有名人の写真をTシャツにしたいと思う方は多いと思いますが、無断で使用してしまうと違法です。
アーティストによっては、ライブを盛り上げるためにオリジナルTシャツの作成を許可している場合もあるようなので、しっかりと確認してから作成するようにしてください。

□まとめ

オリジナルTシャツを作る際の写真の選び方について解説しました。
写真を選ぶには十分な注意が必要だということが分かっていただけたと思います。
逆にいうと上記の3つの権利さえ守っていればどんな写真でも構わないので写真を選ぶ選択肢は無限にあると言えます。
当社では、写真入りのオリジナルTシャツを作れることはもちろん、半袖、長袖をはじめ、ノースリーブやスポーツ用など、様々なカテゴリーから選んでいただけます。
また、カラーバリエーションも豊富ですので、どんな用途にも対応できる品揃えとなっております。
オリジナルTシャルを作る際はぜひ当社をご利用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

これを読めば大丈夫!オリジナルTシャツにプリントできる写真の選び方を詳しく解説します。

あなたはオリジナルTシャツを作ったことがありますか?
この記事では、オリジナルTシャツを作る際の写真の選び方について解説していきます。
世界に一つのオリジナルTシャツを作ることで、自分一人だけ周りのみんなと違うTシャツ持っているという特別感や、みんなと共有することで団結力が高まるなどいいことがたくさんあります。
しかし、何の知識もないまま写真を適当に選んでオリジナルTシャツを作ってしまうと、知らない間に権利を犯してしまって、最悪の場合は罰則を受けてしまう可能性があります。
そうならないためにも、まずは写真を選ぶときの注意点をご紹介していきます。

□写真を選ぶときの権利侵害に対する注意点

写真を選ぶときには、著作権、肖像権、パブリシティ権に注意しなければなりません。
では、それぞれの権利について詳しく見ていきます。

*著作権

著作権は知的財産権の一種であり、美術、音楽、文芸、学術など作者の思想や感情が表現された著作物を対象とした権利です。
著作権を与えることにより著作者の創作意欲や経済的利益を保護することで、文化の保護と発展を実現することを目的とした権利です。
著作権は著作物が作られた瞬間に発生し、権利の登録といった手続きはなく、50年ほどの保護期間があります。
よって、アニメのキャラクターや、企業のキャラクター、ブランドロゴなどが入った写真を無断で使用すると著作権の侵害になってしまいます。
またアニメや企業だけでなく、一般人がとった写真も無断で使用すると著作権の侵害になってしまう可能性があります。
著作権を侵害してしまうと、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金という意外に重い罰則を課されてしまうので十分な注意が必要です。
著作物によっては独自のガイドラインを設けているものもあり、場合によっては著作者の許可なく利用できるものもありますが、無断で著作物を編集してしまうと、著作人格権の侵害となってしまい、5年以下の懲役または500万円以下の罰金を課されてしまうので注意してください。

*肖像権

著作権は人格権ないしプライバシーの権利の一種とされ、他人から無断で写真や映像を撮られたり無断で公表されたり利用されたりしないように主張できる権利です。
著作権は法律上で定められていないので罰則は裁量に任せられます。
実例として120万円の損害賠償責任が課された例があるので注意しましょう。
どの用途で使うのかや、どのような媒体で公開するのかをきちんと説明した上で、被写体に口頭もしくは書面で同意を得た場合は肖像権の侵害とはなりません。
また、同意を得られなかった場合でも、被写体の社会生活に被害の及ばない程度の写真だと問題ないです。
さらに、個人が特定できない場合や、パレードや祭りなど、公の場所での公の行動を撮影した場合も、撮影の同意を得たものとして捉えられるので大丈夫です。

*パブリシティ権

芸能人やスポーツ選手のような有名人は、有名であるがゆえに肖像権やプライバシー権の行使が制限されていると解釈されています。
一方で、有名人の経済的な価値を保護するためにパブリシティ権は生み出されました。
肖像権と同様に法律上では定められていないので罰則は裁量に任せられます。
本人や事務所の許可なく有名人の写真を写真集や雑誌からスキャンしたり、加工して作り替えた場合は、パブリシティ権の侵害となってしまいます。

□実際にどんな写真にするのか

ここまでは、写真を選ぶ際に注意すべき権利について説明してきました。
では、次に実際にどんな写真を選べば良いのかを簡単に紹介していきます。
例えば、オリジナルTシャツを家族などの身近な人と共有する場合は、許可をきちんととった上で、その人たちととった写真をTシャツにすると良いでしょう。
また、何かしらのグループ内で共有する場合は、グループ全員の同意のもとで、集合写真をTシャツにすることをオススメします。
大好きな有名人の写真をTシャツにしたいと思う方は多いと思いますが、無断で使用してしまうと違法です。
アーティストによっては、ライブを盛り上げるためにオリジナルTシャツの作成を許可している場合もあるようなので、しっかりと確認してから作成するようにしてください。

□まとめ

オリジナルTシャツを作る際の写真の選び方について解説しました。
写真を選ぶには十分な注意が必要だということが分かっていただけたと思います。
逆にいうと上記の3つの権利を写真を選ぶ選択肢は広がるでしょう。
当社では、写真入りのオリジナルTシャツを作っていただけることはもちろん、半袖、長袖をはじめ、ノースリーブやスポーツ用など、様々なカテゴリーから選んでいただけます。
また、カラーバリエーションも豊富ですので、どんな用途にも対応できる品揃えとなっております。
オリジナルTシャルを作る際はぜひ当社をご利用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

オリジナルTシャツを作る方必見|刺繍の種類をご紹介します!

オリジナルのTシャツを作ってみませんか?
この記事では、刺繍を使ってオリジナルのTシャツを作るにあたって必要な知識をお伝えしたいと思います。
今まで手芸に手をつけたことのない人にとっては、いきなり刺繍を使ってオリジナルTシャツを作るといっても、道具も揃っておらず、難しいと思われます。
また、刺繍にも様々な種類があるため、何から始めれば良いか分からないという人も多いでしょう。
そこでまずは刺繍をするのに必要な準備から見ていきましょう。

□刺繍の準備

刺繍をするにあたって、「刺繍糸」「刺繍針」「刺繍枠」「チャコペン」「トレーシングペーパー」の5つの必須アイテムがあります。
アイテムは手芸店だけでなく、100均などでも手に入れることが可能なものもあるため、手軽に始めることが可能です。
では、1つ目の「刺繍糸」からみていきましょう。

*刺繍糸

刺繍で主に使われているのは25番刺繍糸(1グラムにつき25メートルの糸)です。
日本で取り扱われているメーカーは主に、「DMC刺繍糸」「OLYMPUS刺繍糸」「COSMO刺繍糸」「アンカー刺繍糸」があります。
メーカーによって糸の発色や触り心地が異なりますが、価格はどのメーカーも1本80円〜100円ほどです。
百均の方が低価格で購入できますが、糸の目詰まりが多く刺しにくいといったデメリットがあるため、最初はメーカーのものを使って刺繍に慣れることをおすすめします。

*刺繍針

初心者におすすめなのが「フランス刺繍針」です。
「フランス刺繍針」は一般的な手縫い針とは異なり、針穴が縦に大きく開いていて糸を数本通して使うことができる形状になっています。
また、針先が鋭利なのが特徴で、どんな布にも簡単に入り込むことが可能なのでとても縫いやすい針となっています。

*刺繍枠

刺繍をするときに布を張るために使う道具です。
これを使うことで布にシワが寄らず、綺麗な仕上がりにすることが可能です。
刺繍枠の素材は主に二つあって、手に馴染むものを長く愛用したい場合は木材、軽くて扱いやすいものを使用したい場合はプラスチックがおすすめです。

*チャコペン
布に直接図案を書き入れるための道具です。
水で消えるタイプのものもあるので、刺繍をした後に下書きを消すことが可能です。
チャコペンの代わりにフリクションボールペンを使う手もあります。
フリクションボールペンの性質上、布にアイロンをかけるときれいに跡を消すことが可能です。

*トレーシングペーパー

図案を布に写すために使う半透明の紙のことです。
カーボン紙のように、トレーシングペーパーの上から図案をなぞると、きれいに布に図案を移すことが可能です。
製法によって種類が異なり、頑丈で耐油性のあるもの、耐水性のあるものなど様々です。

この5つのアイテムが揃えば何の問題もなく刺繍を始めることが可能です。
では次に刺繍の種類についてみていきましょう。
刺繍の種類は、「ランニングステッチ」「バックステッチ」「アウトラインステッチ」など数え上げればきりのない程たくさんありますが、今回は当社でも用いている刺繍技法を3つご紹介します。

□刺繍の種類

*さがら刺繍

歴史が古く、中国三大刺繍の一つである刺繍技法です。
布の裏側から糸を抜き出して結び玉を作り、これを連ねて模様を描いていきます。
毛糸を使用すると、ふわふわとした感触が気持ちの良い、高級な立体感のある刺繍ができます。

*鎖刺繍(チェーンステッチ)

かぎ針を用いて糸を鎖状にし、縫い並べて柄を作る刺繍技法です。
糸が鎖状になるため、小さくて細かい柄や、縫い方向を180度転換しなければならない複雑な柄には適していませんが、線が太くなるため、インパクトのある刺繍ができます。

*スパンコール刺繍
ビーズやスパンコール(光を反射させるために使う服飾資材で、穴の空いた金属やプラスチックの小片)を用いた刺繍です。
スパンコールをビーズで縫い留めることで頑丈で煌びやかな刺繍ができます。
特に女性に人気の刺繍となっています。

□まとめ

刺繍の始め方と刺繍の種類について理解していただけたでしょうか。
この記事で紹介したアイテム以外にも様々な便利なアイテムが存在しますので、刺繍に慣れてきたらぜひ探してみてください。
刺繍の種類も同様で、初心者でも簡単にできるものがもっとたくさんありますので、どんどん挑戦してみてください。
刺繍を用いたオリジナルTシャツを作ろうとしている方の中には、時間がなくて自分で刺繍はできないという方もいらっしゃると思います。
当社では、お名前の刺繍やデザイン刺繍をお入れいたします。
お店のユニホームに、スタッフの名前の刺繍を入れることや、お店のロゴの刺繍を入れることも承ります。
また、デザインが決まっていない方に対しても、デザインのご提案をいたします。
さらに、商品のカテゴリーやカラーバリエーションも豊富にございますので、あなたの要望にぴったりのオリジナルTシャツをお作りいただけます。
ぜひ当社をご利用ください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

会社の作業用のユニフォームは刺繍入りのトレーナーで一体感を

会社の作業用ユニフォームを刺繍入りトレーナーで作りませんか?
「作業用だし、服なんて何でもいい」
そうお思いになられるかもしれませんが、実は会社独自の作業着を用意することはたくさんのメリットがあるのです。
今回は、刺繍入りで会社の作業用ユニフォームを作るメリットと、ユニフォームがトレーナーであるメリットをそれぞれご紹介します。

 

□刺繍入り作業用ユニフォームを作るメリット

*従業員の士気が高まる

スポーツの試合では必ずユニフォームを着ますが、それによって相手チームと区別したり、仲間意識を感じたりすることができますよね。
作業用に刺繍入りユニフォームを作っても、同じことが期待できます。
つまり、普通の作業員ではなく「私はこの会社の作業員だ」という明確な区別ができ、会社への帰属意識を高めることができます。
そこに会社独自の刺繍を入れることで、その効果を一層高めることができます。
他にも、みんなが同じ服を着ることで仲間の意識が芽生えて、社内で良い人間関係を築きやすくなります。
職場の悩みのほとんどは人間関係ですので、社員同士の距離が近づきやすくなるユニフォームは大変大きなメリットになります。

*お客様の目に触れた時、安心感を伝えられる

時には、お客さんの目に触れる場所で作業を行うこともあるかと思います。
そのような時、作業員がみなバラバラな服装をしているよりも、全員同じユニフォームを着ている方が統一感や統率されているように感じられるため、お客さんに良い印象を与えることができます。
加えて、刺繍があるとどこの会社なのか一目でわかるため、会社の宣伝にもなります。

 

□作業着がトレーナーであるメリット

*トレーナーは作業に最適

作業着にも様々な種類がありますが、どうしてトレーナーが良いのでしょうか。
それは、トレーナーは作業に最適な服装だからです。
トレーナーは少々ゆったりとした服であるため、何をするにも動きやすいものとなっています。
また、少し厚めの生地で腕までしっかりとカバーされているため、薄手のシャツと比べてけがの心配がありません。
窮屈さを感じさせないため、作業に集中することが期待できます。

 

□まとめ

刺繍入りで会社のユニフォームを作るメリットと、作業着の種類をトレーナーにするメリットをご紹介しました。
会社で独自のユニフォームを作る事は、作業員の士気を高められると同時にお客さんを見た目から安心させることができ、また作業の効率を上げる可能性を秘めています。
当社はオリジナルトレーナーを制作しており、またデザインの提案も提供しておりますので、導入をお考えの際はお気軽にご相談ください。

作業用のトレーナーはオリジナルのエンブレムや刺繍入りのものを

「そろそろ作業着のトレーナーを新調したい」
そうお考えの方はいらっしゃいませんか?
実は、作業用のトレーナーには、オリジナルの刺繍やエンブレムを入れることを強くオススメします。
たったこれだけでも、印のない作業着と比べてメリットを得ることができるのです。
今回は、作業用のトレーナーにオリジナルの刺繍やエンブレムを入れるメリットをお伝えします。

 

□刺繍やエンブレムを入れると良い理由

*会社の宣伝ができる

お客さんから見える作業を行う際、会社のマークが入っていない服を着ていると、ひと目見た時にどこの会社か判断できません。
それでは、せっかく精力的に活動をしてもお客さんの記憶に残らない可能性が高いです。
しかしながら、作業服に会社の刺繍やエンブレムがあると、ひと目見てどこの会社か分かるようになります。
人間の5つある感覚の中でも視覚は優位であるため、作業服のマークをお客さんに覚えてもらえる可能性も高いです。
1度記憶に残すことができると、今後のリピーター客となる可能性がぐっと上がります。
このように、刺繍やエンブレムは会社の宣伝効果が期待でき、今後の利益に繋がる可能性を高められます。

*社員のモチベーションが上がる

自分と同じ趣味の人を見つけた時は、とても嬉しくてすぐ親しくなれますよね。
人間は、自分と類似点がある人を親密に感じることができます。
そのため、社員全員が刺繍入りの作業用トレーナーを着ることで、同じ会社の一員であり仲間であることが強く感じられ、人間関係が円滑になることが見込めます。
また、会社への帰属意識が高まることで社員1人1人に責任感が芽生え、業務の質が高まることも期待できます。

*ロゴが剥がれにくい

刺繍やエンブレムは剥がれにくいことがメリットです。
会社を表すマークとして、他にプリントを作業服に印刷する方法があります。
しかし、プリントの場合は洗濯の度に色が落ちる可能性があるほか、立体感が出せません。
対して刺繍やエンブレムの場合、トレーナー自体に縫い付けるために洗濯しても剥がれることはなく、耐久性があります。
また、刺繍した部分にはしっかりとした厚みが感じられ、高級感が出せるのもポイントです。
総合的に、より満足度の高いトレーナーを作成できます。

 

□まとめ

作業着のトレーナーに刺繍やエンブレムを入れるメリットをお伝えしました。
トレーナーにひと工夫加えるだけで、宣伝効果や業務の質の向上が期待できることに加え、見た目の点からも満足度の高いものが作成できます。
当社はオリジナルトレーナーを制作しており、またデザインの提案も提供しておりますので、導入をお考えの際はお気軽にご相談ください。

会社の業務用に刺繍やエンブレム入りのポロシャツを導入するメリット

会社の業務用の服装を導入しようと考えている経営者様はいらっしゃいませんか?
「業務用の服装だから、シンプルなものでいい」
そのようにお考えかもしれませんが、実はユニフォームには刺繍やエンブレム入りのポロシャツが大変おすすめです。
今回は、会社の業務用の服装はポロシャツが良い理由や、刺繍やエンブレムを入れるメリットをご紹介します。

 

□ポロシャツであるメリット

ポロシャツがおすすめな理由は、その機能性にあります。
ポロシャツは体に馴染みやすいことでそもそも活動しやすい上に、速乾性に優れたものや吸湿性に優れたもの、他にも伸縮性や通気性に優れたものがあります。
そのため、職場の環境に合わせた機能を選ぶことができます。
また、導入のコストが高くないこともメリットで、一度に大量に注文するとさらにコストを下げることが可能です。

 

□刺繍やエンブレムを入れるメリット

*企業の宣伝になる

企業の刺繍やエンブレムを入れることで他社との区別を図ると同時に、自社の企業を宣伝することが可能です。
もし刺繍やエンブレムのない服装をしていた場合、せっかくお客さんに満足して頂けるような結果を出したとしても、どこの企業か分からないために覚えてもらえず、次に繋がらないかもしれません。
また、企業のロゴが見えることで信頼感を与えることができる、お客さんが安心してくれるというのも刺繍やエンブレムを入れるメリットのひとつです。

*自由性と耐久性がある

刺繍やエンブレムと比較されるものとして、プリントが挙げられます。
プリントは刺繍よりも安価にできますが、洗濯するたびに色が落ちる可能性や、プリントできる場所に制限があるといったデメリットがあります。
対して刺繍やエンブレムは好きな場所に施すことができるため、こだわり抜いたデザインを持つポロシャツを作成することが可能です。
また、洗濯しても落ちることはなく、より高級感を感じられる仕上がりになるのもメリットとなっています。

*士気と責任が高まる

こだわり抜かれた独自のポロシャツをスタッフ全員が身につけることで、企業に所属していることに誇りを感じるとともに、同じものを共有しあう仲間意識が芽生えます。
スタッフ一人一人に愛社意識が起こり、士気が上がることがメリットです。
また、企業の刺繍やエンブレムが入った服装をすることで、スタッフは行動に責任を感じるようになります。
そのため、企業全体の言動やマナーの質が高まることが期待できます。

 

□まとめ

企業の業務用に刺繍やエンブレムが入ったポロシャツを導入するメリットをご紹介しました。
一目見てどこの企業か分かるようになることで、お客さんは安心することができ、同時に企業の宣伝をすることができます。
また、同じ服装を共有することでスタッフは自分の居場所が感じられるため、帰属意識と責任感を高めることが期待できます。
当社はオリジナルポロシャツをお得なお値段で制作をしており、またデザインの提案も提供しておりますので、導入をお考えの際はお気軽にご相談ください。

飲食店経営者の方へ、制服としてオリジナルポロシャツを作りませんか?

スタッフの制服として、既製品のエプロンなどをお使いの経営者様はいらっしゃいませんか?
飲食店の制服には、オリジナルのポロシャツを導入するのがおすすめです。
実は、オリジナルの制服があることや、制服の型がポロシャツであることにはたくさんのメリットあります。
今回は、飲食店の制服にオリジナルポロシャツを作るメリットをご紹介します。

 

□オリジナル制服を作るメリット

*お店のイメージを伝えられる

視覚が与える効果は無視できないほど大きなものです。
独自の制服を作る事でお店のイメージを作る事ができ、お客さんの心により残りやすくなります。
お客さんが一目でスタッフだと分かるようになるのもメリットです。
また、他の飲食店との差別化もできるため、ブランド化にもつながります。

*帰属意識が増す

学校の制服やサッカーのユニフォームを着ると、他校や他チームと区別されるため、自分の組織に誇りが持てるようになりますよね。
飲食店においても同じことで、お店のロゴや刺繍を入れたオリジナルの制服を着ることで、「私は他でもないこのお店のスタッフだ」と帰属意識を高めることができます。
同時に仲間意識も芽生え、スタッフ同士のつながりも強くなることもメリットです。

*責任感が増す

お店の制服を着るということはそのお店の看板を背負うということなので、スタッフに責任感を持たせることができます。
責任感を持つことで、スタッフは接客マナーや振る舞いに気をつけるようになるため、お客さんにとってより快適なお店を経営することができます。

 

□ポロシャツがいい理由

制服にはポロシャツがおすすめな理由は次の2点です・
*丈夫であるため
Tシャツと比べてポロシャツは生地がやや厚く、より丈夫になっています。
そのため、一度制服を購入すると長く使うことができるほか、スタッフのけがの防止にも効果的です。

*機能性が高い

ポロシャツには様々な機能がついています。
通気性の良いポロシャツであれば、スタッフは快適に仕事ができるようになりますし、吸湿性のあるポロシャツだと、夏場の仕事で汗をかいても安心できます。
他にも、速乾性のあるポロシャツであれば多少濡れたとしてもすぐ乾くため、水がこぼれた場合でも安心です。
丸洗いの洗濯が可能であることも、清潔さが重視される飲食店では重宝します

 

□まとめ

飲食店でオリジナルのポロシャツを導入するメリットをご紹介しました。
ポロシャツは機能性に優れているためスタッフの仕事の効率を上げられるほか、オリジナルの制服を着ることは店内に統一感を出し、スタッフに責任感を持たせることができます。
当社はオリジナルポロシャツの制作をしており、デザインの提案も提供しておりますので、導入をお考えの際はお気軽にご相談ください。

制服には刺繍の入ったオリジナルのユニフォームを

学校や仕事場で、制服着用が義務づけられているところがあります。制服には色々な種類のものがありますが、皆で同じ装いとなることで、チームワークを高める目的があります。全員が同じ衣服で身をつつむことは、目で見た感じでまず統一感が整うようになります。目で見える印象だけではなく、気持ちや心といった精神的な面でもチームワークがとれます。同じ衣服を着ることで、オリジナルな愛校心や愛社精神が芽生えるようになる効果もあります。

自分が属する団体を愛することが出来ることは、学校や会社等の団体組織にとって大きな力となります。ユニフォームを着ることで、生産性のある仕事が出来るようになるため、学校や組織にとっては大切なことです。

オリジナルのユニフォームを購入する場合には、創業以来長い年数を継続して事業を続けている専門会社に依頼をすることがおすすめです。長い年数事業を続けていくためには、多くの顧客の存在が必要になります。その会社の製品がよく売れていない限り、継続して事業を続けていくことは出来ません。

どこに住んでいても、いつでも購入出来て、オリジナルな依頼が出来ることは購入する際には必要なこととなります。通販専門店でおすすめ出来るところを知っておくと有意義です。

創業以来20年以上の実績がある専門店は安心して注文が出来ます。ユニフォームには刺繍やプリント等のオリジナルな何かが入ると特別に大事に出来るようになります。制服は統一感がとれますが、どこか重苦しさも感じることがあります。それは独自のおしゃれな感覚が反映されていないことによります。刺繍やプリントといったさりげないおしゃれが感じられるセンスがあることで、着用する生徒や社員等に人気があるものとなります。

通販の専門店ではそういったオーダーが可能です。インターネットのサイトから注文出来るようなわかりやすいシステムになっていますので、安心して注文することが出来ます。刺繍やプリントは1種類ではなく、選ぶことが楽しくなるような豊富なデザインで提供されています。

カラーや書体も色々と紹介されています。また最近は立体的な刺繍も可能になっていますので、自分達の好みで世界にひとつだけのユニフォームを製作することが可能です。

ユニフォームは評判の良い通販専門店に依頼をすることがおすすめです。どこに住んでいても購入出来ることも安心出来ます。近くに制服専門店がない地域も多く、いざ購入するとなると遠くまで足を運ぶことは大変なことになりますので、通販専門店を知っておくと、役に立ちます。

帽子製作は刺繍の入ったオーダーメイドのキャップを

オリジナリティあふれる帽子が欲しいと思っても、自分が欲しいと思うデザインのものが見つからないということもあるのではないでしょうか。そんな時にお勧めなのが刺繍のオーダーです。自分の好きなデザインを刺繍で入れることが出来ますので、自分で思い描いた希望通りのものを製作することが出来ます。一つだけオーダーすることも出来ますし、大量オーダーすることも可能ですので、目的数にあわせて注文してみるとよいです。

オリジナル品をオーダーメイドで制作したいという方にお勧めなのが、刺繍入りの帽子です。市販されている普通のものだと、オリジナリティがあまりありませんので、目立たないし見た目もあまりよくありません。

しかしオリジナルのオーダーメイド品であれば、目立ちますので周囲と差をつけることが可能でしょう。何よりも周囲に与えるインパクトも強くなりますので、スポーツなどで試合会場で身につける場合は、よい意味で目立つことが出来ます。学生さんのサークルや部活などでオリジナル品を作りたいという方にはおすすめです。

例えばお店の従業員全員にお揃いの帽子を身につけたいといった場合は、お店の名前を入れたり、お店のキャラクターなどを入れると素敵ですし、店の宣伝にもなることでしょう。

部活でチーム名の入った格好の良いものを身につけたいといった場合は、帽子に刺繍を入れることが出来ますので、業者にオーダーしてみるとよいです。

専門業者にオーダーメイドすると価格が高くなってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、注文数が多くなると単価も安くなりますのでお得に制作することが出来ます。デザインも自由にオーダーすることが出来ますので、アイデア次第でオリジナルのものを製作することが可能です。

専門に行っている業者では帽子の持ち込み品に刺繍をすることも可能ですので、特別なものに加工をして欲しいという方オーダーメイドで制作をされるとよいでしょう。オリジナルのおそろいのものを身につけることによって、チームの団結力も生まれますし、スポーツで活用するのであれば勝利へのモチベーションにもつながります。

制作デザインはシンプルな文字から、3Dまで行うことが出来ますので好みに応じてオーダーされるとよいです。お揃いのオリジナル品をつけることによって、記念にもなりますし、よい思い出を皆で共有することも可能です。注文も簡単で行うことが出来ます。ネットから注文をすることが出来、デザインの指定もすべてメールで行うことが出来ますので誰でも簡単に制作することが出来るでしょう。

会社の作業用に刺繍の入ったユニフォームやトレーナーを作るメリット

会社では自社のロゴなどが入った作業用のユニフォームやトレーナーを用意することが多いものです。自社のロゴ入りのユニフォームなどは、自社のアピールや宣伝だけではなく、他社との差別化を図ったり、セキュリティーの面から言っても大切なアイテムと言えます。では、会社での作業用に刺繍入りのユニフォームやトレーナーに作るメリットはどんなところにあるのでしょうか。

メリットの一つとして、洗濯などに強い、耐久性があるということです。たとえとして、トレーナーなどのプリントを考えてみましょう。プリントが施されたトレーナーは、洗濯を繰り返すと取れてきてしまうことがあります。その点、刺繍は生地に糸を縫い付ける形になりますから、洗濯などに強く、耐久性があるということになります。

さらに、刺繍は高級感が出ることにメリットがあると言えます。高級ブランドの服を考えてみますと、プリント柄よりも圧倒的に多いものです。会社を代表して着るユニフォームなどは会社の顔とも言えるものですので、ブランドイメージを考えて刺繍にする会社が多いのもうなずけます。

プリントと比べて刺繍は高いイメージがついていましたが、最近ではコンピュータミシンの普及でコストダウンが図られてきました。もちろん、プリントと比較して単価は高めではありますが、ブランドイメージを守ったり、耐久性が増すなどのメリットを考えますと、メリットの方が上回っていると言えるでしょう。

刺繍を施すことにした場合、考えておくことがあります。それは向いているロゴの大きさなどです。刺繍は鋭角や細かい文字などは再現性の観点で難しさがあります。ですので、比較的大きめのロゴであったり、太めの文字のものですと良さが出やすいです。

刺繍は自社のロゴだけではなく、各従業員の方のお名前を刺繍することが可能です。お名前の刺繍がありますと、作業環境によって脱いだり着たりすることも多いユニフォームやトレーナーは、他の作業者の方との差別化を図ることができますから見分けやすいですし、戻ってくることも多いものです。刺繍とすることはこの点でもメリットと言えます。

作業用のユニフォームの他に、頭を守るための帽子を用意されている企業も多い事でしょう。こちらの業者では、帽子の刺繍のご相談もお受けできます。場所や刺繍の大きさも自由に選べます。

ユニフォームなどに刺繍を入れたい場合のデザインが難しいと考えていらっしゃる方も多い事でしょう。こちらの業者にご相談いただければ、デザインの提案もいただくことができます。創業20年以上の実績がありますので、気軽に相談できることでしょう。