クラスイベント前の方必見!オリジナルのクラスtシャツをご紹介

「クラスイベントに向けてクラスTシャツをつくりたい」
「クラスTシャツをつくるときの注意点についてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、クラスTシャツの人気の秘訣とクラスTシャツをつくる際の注意点についてご紹介します。

 

□クラスTシャツの人気の秘訣について

人気の秘訣は、大きく3つあります。

1つ目は、クラスで一致団結できることです。
全員で同じTシャツを身につけることで、仲間意識が高まり、気持ちも一体化します。

加えて、同じ目標に向かって、みんなで協力しながら行動しやすくなるでしょう。
団結力アップは、優勝やイベント成功の大きなカギとなること間違いなしです。
コミュニケーションもスムーズにとれるようになり、意見を交わしながらより良いアイデアが生まれるでしょう。

2つ目は、思い出の写真、動画が映えることです。
おそろいのクラスTシャツを着ることで、特別な日という印象になります。
制服や体操服を着ているときよりも、ひときわ素敵な写真・動画が撮れるでしょう。

3つ目は、学生時代だけの特権「学割」が使えることです。
学生さんだけが使える特別の割引「学割」を使って、おそろいのTシャツを安くつくれます。
学割が使えるのは、学生の特権です。
ぜひ今のうちにいろんなところで利用してみましょう。

 

□クラスTシャツをつくる際の注意点について

クラスTシャツをつくる際の注意点として、著作権と商標権を侵害しないことが挙げられます。

漫画やアニメのキャラクター、バンドや映画のロゴ、企業ブランドやWebサービスのロゴ、雑誌や書籍、映像作品のタイトル、写真、文章、実在人物の名前や写真には、法律で保護されています。

著作権は、創作と同時に発生する権利とされているので、特別な届け出は必要としません。
企業ロゴは、特許庁に所定の届け出を経ることで、商標として認められます。
さらに、人物写真は別の権利で保護されています。

これらの権利を無意識のうちに侵害してしまうことのないよう、事前に確認することが大切です。
世界に1枚のオリジナルのクラスTシャツをつくるためにも必ず著作権を意識するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、クラスTシャツの人気の秘訣とクラスTシャツをつくる際の注意点についてご紹介しました。
本記事が、クラスTシャツをつくる際の参考になれば幸いです。
本記事に関して、疑問点等がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

トレーナーに刺繍はいかがですか?刺繍の魅力をご紹介

「トレーナーに刺繍をしたいと考えている」
「刺繍の魅力についてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、刺繍加工のメリットとデメリット、トレーナーへの刺繍加工のポイントについてくわしくご紹介します。

 

□刺繍加工のメリットとデメリットについて

メリットは、大きく3つあります。

1つ目は、自由度が高いことです。
すでにデザインが決められているものを使用するのとは違い、自由にデザインを決められるのが刺繍の良さです。

2つ目は、高級感があることです。
刺繍は、プリントよりも高級感が出ます。
立体感が生まれるため、高級感が出やすいと言えます。

3つ目は、使っていくほどに味が出ることです。
刺繍は、メンテナンスをしながら使用することで味が出てきます。
そのため、思い入れが強くなるでしょう。

デメリットは、大きく3つあります。

1つ目は、時間がかかることです。
刺繍で細かな文字やグラデーションを作る場合、多くの時間が必要です。

2つ目は、コストがかかることです。
時間がかかるということはその分コストも必要です。
デザインによって、コストが大きく変動する可能性があるでしょう。

3つ目は、細かいデザインが難しいことです。
刺繍では、細かいデザインを再現することが難しいです。

 

□トレーナーへの刺繍加工のポイントについて

刺繍加工のポイントは、大きく2つあります。

1つ目は、トレーナーに刺繍やプリントを付けられることです。
刺繍やプリントは、自分で作成したデザインや、無料デザイン素材から選べます。
文字のみの刺繍やプリントであれば、自分好みのフォントも選択できます。

ただしこのとき、著作権には注意しましょう。
既存のブランドに似かよったデザインであれば、著作権に引っかかってしまう可能性があります。
そのため、作成の際にはリサーチを行いましょう。

2つ目は、デザインテンプレートを利用することです。
オリジナルのトレーナーを作成するのであれば、おしゃれなデザインに仕上げたいと考える方も多いでしょう。
そんな方に、デザインテンプレートをおすすめします。

デザインテンプレートでは、オリジナルパーカーを着用する用途に合わせたデザインを選ぶこともでき、バリエーションも豊富です。
おしゃれなデザインのオリジナルパーカーを手軽に作成したい場合は、利用してみましょう。

 

□まとめ

今回は、刺繍加工のメリットとデメリット、トレーナーへの刺繍加工のポイントについてくわしくご紹介しました。
本記事が、トレーナーに刺繍を入れることを検討されている方の参考になれば幸いです。
本記事に関して、疑問点等ございましたらお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルのtシャツはどう作る?お洒落なtシャツの作り方をご紹介

「オリジナルのTシャツを作りたい」
「お洒落なTシャツを作るためのポイントについてくわしく知りたい」
このようにお考えの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、オリジナルのTシャツをデザインする際のポイントとコツについてご紹介します。

 

□デザインをする際のポイントについて

1つ目は、できるだけ高画質かつ原寸大のデザイン画像を用意することです。
デザイン画像を用いてオリジナルのTシャツを作る場合、解像度の高い画像を用意しましょう。
解像度が低い場合、プリントしたときにきれいに見えなくなる可能性があります。

加えて、プリントサイズの原寸大のデザインを準備することも重要です。
プリント方法によって、デザインを拡大・加工するために業者に別途デザイン料を支払わなければならないケースがあります。
このような事態を避けるためにも、事前に原寸大のデザインを準備しておくことが重要です。

2つ目は、見えにくくならないよう生地の色とは違う色で図柄をデザインすることです。
オリジナルデザインでTシャツを作る際には、生地の色とは違う系統の色でデザインを作成することをおすすめします。
オリジナルTシャツを作る場合、プリントされた状態を見てから修正することは難しいです。
デザインが見にくいという事態を避けるためにも、色のチョイスには注意しましょう。

3つ目は、シルクスクリーンでは必要以上にデザインの色数を増やさないことです。
シルクスクリーンのように1色ごとにプリントする方法を使う場合、色数を少なくしましょう。
そうすることで、プリント料金を抑えられます。
なぜなら、1色ごとにプリント作業を行うため、手間がかかるからです。

 

□デザインをする際のコツについて

1つ目は、着るときを考えてデザインを作ることです。
デザインデータを作る環境にもよりますが、Tシャツは着るものであるため平面で見たときと印象は異なります。
そのため、胴回りはふんわりと膨らむことを計算して作るのがおすすめです。

2つ目は、デザインのサイズに気を付けることです。
デザインサイズは、実際のTシャツを見て微調整しましょう。
意外と大きすぎたり、小さすぎたりすることもあります。

3つ目は、フォント選びに注意することです。
デザインをシンプルにするには、フォント選びが重要です。
デザインにあったフォントを選ぶようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、オリジナルのTシャツをデザインする際のポイントとコツについてご紹介しました。
本記事を参考に、納得のいくオリジナルのTシャツをつくっていただければと思います。
お困りやお悩みのことがございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オシャレなオリジナルパーカーの作り方について解説します!

「ちょっと目を引くオシャレな一着」「皆で揃えたこだわりの一着」に興味がある方で、どのように作れば良いのかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、そのような方に向けて、パーカーを例に取ってオリジナルな一着を自作する場合とオーダーする場合について説明します。

 

□オリジナルパーカーを自作する方法

まずは自作する場合の行程を説明します。
まず、ベースとなるパーカーを決めましょう。
初心者の方には、失敗しづらい淡い色の物や高価でない物をおすすめします。

次に、プリントしたい部分を考えて原寸大でデザインを決めましょう。
シンプルなデザインにすることで仕上がりがきれいになるでしょう。

そして、プリント方法を決めましょう。
ここでは、4つの方法を紹介します。
どれも安くて、簡単にできる方法なので参考にしてください。

まずステンシルでプリントする方法です。
原寸大のデザインの上にクリアファイルを乗せて、テープで固定します。
デザインに沿ってカッターでクリアファイルを切ります。
全て切り終えたらクリアファイルがステンシルシートになっています。

それをパーカーの印刷したい部分の上に乗せて、布用のインクで上からポンポンします。
この時パーカーの中に新聞紙を挟んでおくと反対面にインクが染みこむことを防げます。
最後にデザイン部分の上から当て布をして、アイロンがけをしたら完成です。
ステンシルシートを使い回せば同じデザインを量産できます。

続いて、消しゴムはんこで押す方法です。
消しゴムはんこ用の大きな消しゴムを用意します。
そして、プリントしたデザインを消しゴムに乗せて鉛筆でなぞり、デザインを写します。
デザイン以外の部分をカッターで切り抜きます。

染みこみ防止用の新聞紙をパーカーに挟んだら、布用のインクでパーカーにはんこを押します。
この時、消しゴムにカスが付いているときれいに押せないので注意しましょう。

最後はアイロンプリント用のプリンタ用紙を使う方法です。
アイロンプリントができる用紙を使えば、フルカラー印刷ができます。
手書きのデザインの場合は一度スキャンして用紙に印刷しましょう。

以上オリジナルパーカーの自作方法を説明しました。
メリットとしては、作る時間を楽しめることが挙げられます。
一方で、失敗しやすいというデメリットもつきまといます。
失敗を気にされる方は、プロに任せることをおすすめします。

 

□オリジナルパーカーをオーダーする方法

とにかくクオリティーを求めたい方や手間を省きたいという方には、当社のようなプロにオーダーすることをおすすめします。
ここでは、プロにオーダーする場合のメリットを3つご紹介します。

1つ目は、大量生産しやすいことです。
特に会社のユニフォームや学校行事のためにたくさん必要な場合は便利です。
加えて、大量生産によりコストを抑えられます。

2つ目は、仕上がりが高品質なことです。
専用の機械を使って印刷するので断然きれいに仕上がります。
また、当社ではワンポイントとして名入れや刺繍を付けることもできますので、ぜひご検討ください。

3つ目は、時間が省けることです。
オーダーしてしまえば、後は待つだけなので自作に比べて時間がかかりません。
もちろん、デメリットもあります。
それは、納品まで完成品を見られないことです。

完成品が想像していた色味と異なる場合があります。
しかし、当社はこれまでお客様の希望に真摯に向き合い、たくさんの支持をいただいておりますのでご安心ください。

 

□まとめ

今回はオリジナルパーカーの作り方について自作する場合とオーダーする場合を説明しました。
参考にしていただき、ご自身に合った方法でオシャレな一着やこだわりの詰まった一着を作ってみてはいかがでしょうか。
当社は一点物から大量オーダーまで広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツのデザインはどうすれば良い?オススメを紹介します

世界に一着だけのオリジナルTシャツを作りたいが、デザインはどう注文したら良いのか、どうしたら高級感があふれる納得の一着に仕上がるのかと悩まれている方は多いと思います。
今回はオリジナルTシャツに関して、デザイン注文の流れと高級感を上げるポイントについて紹介します。

 

□デザイン注文の流れ

オリジナルTシャツを作るときの大まかな流れを3ステップで説明します。

 

*Tシャツとデザインを決める

まず、土台となるTシャツを選ぶことから始めます。
Tシャツには様々な種類があるので、予算や用途に合わせて適切なTシャツを選びましょう。
例えば、アクティブなシーンでのご利用が目的でしたら、通気性や速乾性の高いポリエステル素材のTシャツがおすすめです。

また、普段使いでのご利用が目的でしたら、繰り返し着ても型崩れしにくいドライ素材で厚手のTシャツがおすすめです。
他にも、ポケット付きのTシャツや柄物を選ぶことでよりオリジナルな一着にすることもできます。

次にデザインを決めます。
すでに完成しているデザインがある場合は、デジタルデータとして送付していただけます。
一方で、デザインツールがない場合やデザインが明確でない場合もご安心ください。

デザインのアイデアが固まっている場合は手書きでイメージを描いていただきます。
そのイメージを元にプリント用のデザインを作成いたします。
また、デザイン例やテンプレート集をご覧いただくことで、アイデアのヒントを得られます。
その上で、お伝えしていただいた希望やイメージを元にデザインを作成いたします。

 

*プリント方法を決める

Tシャツとデザインが決まったら次に、プリントの種類、配色、位置とサイズを決めます。
種類はレギュラープリントに加えて、より色が鮮やかにプリントされるフルカラーインクジェットやインパクトの大きい刺繍をオプションで付けられます。

配色は色の数によって値段が変わります。
カラフルな色使いでプリントを目立たせることや、グラデーションをつけて個性的にすることが可能です。
位置とサイズはプリント可能範囲を参照していただき、その中で対応いたします。

 

*デザインと見積もりをチェックする

以上すべてが決まったら、最終的なデザインと枚数に関して確認していただいた上で見積もりをお出しします。
もちろんこの時点でデザインの修正やオプションに関する質問があればお気軽にご相談ください。
その後、注文を確定していただくという流れです。

 

□オリジナルTシャツの高級感を上げるポイント

オリジナルTシャツで高級感を上げるポイントを3点お伝えします。
そのポイントは「素材」「厚さ」「差別化」です。

始めに「素材」について説明します。
素材によって服の着心地や雰囲気はガラッと変わるので、素材選びは非常に重要です。
多くの素材の中で最も人気なのは「綿」です。
特に綿100パーセントの服はなめらかな肌触りで涼しげな風合いなのでTシャツにぴったりです。

次に「厚さ」について説明します。
Tシャツの厚さを表す指標として「オンス」という単位をよく目にします。
下記のような目安で厚さを選んでください。

4オンス未満は非常に薄手で、白の場合はかなり透けます。
5オンスから7オンスは一般的な厚みで透けは気になりません。
7オンス以上は非常に肉厚で丈夫です。

高級感を求められる場合、7オンス以上のTシャツをおすすめします。
最後に「差別化」について説明します。
デザインで高級感を演出することも一つのポイントです。

一番簡単な方法は、ブランド品のTシャツにデザインを加えてオリジナルな一着に仕上げることです。
自分だけの一着には既製品以上に愛着が湧きます。
また、オリジナルな刺繍やワッペンを付けることも一つの方法です。
当社ではお客様のためだけの刺繍やワッペンをお作りしているので、ぜひご相談ください。

 

□まとめ

今回は、オリジナルTシャツを作る際のデザイン注文の流れや高級感を上げるポイントについて紹介しました。
ぜひ参考にしていただき、こだわりの一着を作ってみてはいかがでしょうか。
当社はTシャツ一枚からご依頼をお引き受けいたしますので、ぜひお任せください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オシャレなオリジナルトレーナーのデザイン方法について解説します!

「自分だけのオシャレなオリジナルトレーナーを作りたい」「どんなトレーナーを選ぶべきか」
このようにお考えの方は多いと思います。
そこで今回は、おすすめのトレーナーの選び方と注意していただきたいデメリットを紹介します。

 

□トレーナーを選ぶときのポイント

まず、ベースとなるトレーナーを選ぶときのポイントを3点説明します。
その3点とは、「生地」「シルエット」「ガゼット」です。
参考にしていただき、目的や好みに合ったトレーナーを選びましょう。

 

*生地

生地は主に「パイル」と「フリース」の2種類に分けられます。
パイルとは、タオルに近いようなざっくりとした編み目の生地で、通気性に優れているので、オールシーズンで使いやすいです。
夏以外で長く着たい方やアクティブな場面でのご利用が目的の方におすすめです。

フリースは、裏面が起毛していて保温性と防寒性に優れており、ふわふわした肌触りの生地です。
冬のご利用が目的の方や感触の良さを求める方におすすめです。

 

*シルエット

シルエットは太めのシルエットを選ぶか、細めのシルエットを選ぶかで与える印象が変わります。
まず、太めのシルエットは、動きやすくスポーティーな印象を与えます。
ストリート系ファッションが好みの方に向いているでしょう。
一方で、細めのシルエットは、すっきりとしていてきれい目な印象を与えます。

誰にでも似合いやすく、こだわりがなければこちらをおすすめします。

 

*ガゼット

ガゼットとは、トレーナーの首元に付いているV字型の縫製のことです。
縫製技術がつたなく、型崩れしやすかった60年代までの名残として今でも残っています。
ガゼットがあることでビンテージ感を出せます。
古着やアメカジスタイルが好みの方におすすめです。

一方で、ガゼットがないとシンプルですっきりした印象になります。
現在、ガゼットがない形が流行っているので、どなたにでもおすすめです。

 

□オリジナルトレーナーを自作するときのデメリット

次に、オリジナルトレーナーを自作したい方に伝えたい注意点があります。
それは、自分でプリントするときの2つのデメリットです。
その2つとは、「失敗のしやすさ」と「劣化の早さ」です。

 

*失敗のしやすさ

初心者の方にありがちなのが、プリントをするときに思い通りにいかないことです。
他の場所にインクが付いてしまったり、デザインにむらができてしまったりすることがあります。
思い通りにならなかったスウェットには愛着が湧かず、無駄になってしまいます。

 

*劣化の早さ

インク塗料の性能や乾燥不足から、一度洗濯したらデザインが剥がれてしまうことがあります。
せっかく作ったオリジナルトレーナーが長持ちしないと残念ですよね。
以上のようなデメリットを気にされる方には、当社のようなプロにオーダーすることをおすすめします。

 

□まとめ

今回はオリジナルトレーナーを作るときのトレーナー選びのポイントと自作するときのデメリットについて説明しました。
参考にしていただき、細部までこだわり抜いた納得のいく一着を作ってください。
当社はこれまで多くのお客様に大変好評をいただいておりますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オシャレな刺繍パーカーの作り方について解説します!

「オシャレなオリジナル刺繍パーカーを作りたいけれども、どんな物をどうやって作れば良いのか」
このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで今回は、オリジナル刺繍パーカーの魅力と作り方について解説します。

 

□オリジナル刺繍パーカーの魅力とは?

皆さんは刺繍にはどのような魅力があるのかご存知でしょうか。
ここではオリジナル刺繍の魅力を2つ紹介します。

1つ目は、自分の作品が作れることです。
いろいろな図柄やデザインを取り入れることで、自分だけの作品が完成します。
特に糸の色にこだわれば、文字通り世界に一つだけの作品を生み出すことができるでしょう。

2つ目は、モチベーションが高くなることです。
刺繍が入っているだけで、団結力が高まり、それがモチベーションの向上につながります。
また、一つ刺繍が入るだけで、見た目の印象が大きく変わるでしょう。
無地のパーカーに刺繍を入れることで、メンバー全員のやる気が上がりそうですね。

 

□オリジナル刺繍パーカーをオーダーするメリットとデメリットについて

「オリジナル刺繍パーカーに興味があるけれども、どうしたら良いのか分からない」
このような方におすすめなのがプロにオーダーすることです。
ここでは、オーダーのメリットとデメリットについて説明します。

まず、メリットは大きく3つあります。
1つ目は、時間が節約できることです。
プロにオーダーしたら後は完成を待つだけなので、時間がかかりません。

2つ目は、完成度が高いことです。
専門の機械を使って作成するので、自作する場合と比べて完成度は段違いに高いです。

3つ目は、大量生産ができることです。
会社のユニフォームや学校行事でたくさん必要な場合も安心してオーダーできます。
また、大量注文することで1枚あたりのコストを抑えることもできます。

次に、デメリットについてです。
それは納品されるまで完成品を確認できないことです。
完成品が届いてみたら思っていた色味と違うことがあるかもしれません。

しかし、当社はこれまで様々なお客様のオリジナル刺繍パーカーの作成に携わらせていただき、品質には多くの支持をいただいておりますのでご安心ください。

 

□まとめ

今回はオリジナル刺繍パーカーの魅力やプロにオーダーするメリット・デメリットを紹介しました。
ぜひ参考にしていただき、こだわりの一着を作ってみてください。
きっと既製品以上の愛着が湧くはずです。
当社は1点のオーダーから大量オーダーまで承りますので、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

かわいいペットの写真を使ってオリジナルTシャツを作りませんか?

ペットを飼育されている方で、オリジナルグッズを作りたいとお考えの方はいらっしゃいますか。
そんな時はオリジナルTシャツがお勧めです。
この記事では、ペットのオリジナルTシャツについて詳しくご説明します。

 

□大好きなペットがデザインされたオリジナルTシャツを作ってみませんか?

ペットが好きな方は、どんな時でもペットの存在を身近に感じたいと思うでしょう。
ペットの成長の節目や誕生日などの思い出として、オリジナルTシャツを作ってみてはいかがですか。
思い入れのあるアイテムになること間違いないでしょう。
お子様がいるご家庭では、お子様とペットが一緒に写った写真をデザインに使うと、より思い出深いTシャツになるでしょう。

オリジナルTシャツは、ペットの写真を使った他のアイテムに比べて、普段の生活で利用できるので実用性があります。
大好きなペットの写真が入ったTシャツを着ていれば、日常生活を楽しく過ごせるでしょう。

 

□ペットの写真を撮影する際のコツをご紹介します!

オリジナルTシャツに使うペットの写真の撮り方についてご紹介します。
ぜひペットの最高に可愛い姿を写真に収めてください。

1つ目にご紹介するのが、ペットと一緒にごろごろしながらローアングルで撮影する方法です。
ペットがリラックスして、やわらかい表情を見せてくれます。
そのままスマホを向ければ、簡単にローアングルから撮影できます。

2つ目に、連続シャッター機能を活用してベストな1枚を撮影しましょう。
ペットの元気な姿を写真に収めたくても被写体ぶれして上手く撮れないという方もいらっしゃると思います。
動き回るペットを綺麗に撮影するのにお勧めなのが、連続シャッター機能です。
高速でシャッターを切れるので、撮影の失敗も少なくなります。

3つ目は、ペットに撮影すること自体に慣れてもらうことです。
ペットは撮影する時に限って逃げてしまうものです。
普段からペットの身近にスマホやカメラがある生活を送っていると、ペットもスマホやカメラのある生活に慣れ、最高の写真が撮影できるようになります。

4つ目は、散歩中やドッグラン時で撮影することです。
躍動感たっぷりのペットの姿を写真に収められます。

 

□まとめ

本記事では、ペットのオリジナルTシャツについての説明と、ペットを写真で撮影する際のコツをご紹介しました。
外出時などもペットがデザインされたオリジナルTシャツを着て、楽しい生活を送ってみてはいかがですか。
Tシャツを作成されたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

刺繍の入ったTシャツの洗濯方法とは?大阪の専門業者が解説します!

刺繍の入ったTシャツやトレーナーの正しい洗濯方法をご存知ですか。
間違った方法で洗濯してしまうと刺繍部分が傷んだり色落ちしたりしてしまいます。
そこで今回は、刺繍の入った衣類を長く着られるよう、正しい洗濯方法についてご紹介します。

 

□刺繍の入ったTシャツの正しい洗濯方法をご紹介!

刺繍が施されたTシャツやトレーナーをお持ちの女性の方は多数おられるでしょう。
しかし、刺繍が施された衣類の正しい洗濯方法をご存知の方は少ないと思います。
これから洗濯機と手洗いそれぞれの正しい洗濯方法についてご説明します。

まず洗濯機で洗う場合ですが、洗剤は素材を傷めないようオシャレ着用洗剤を指定量入れます。
次に、レースや刺繍が施された衣類を裏返しにしてキレイに畳みますが、これは型崩れを防ぐために非常に有効なので、ぜひやってみてください。
その後、洗濯ネットの中に衣類を入れ、ご家庭の洗濯機に入れたら、ドライモードや手洗いモードなどで洗ってください。
洗濯後は脱水機能は使用せず、手で軽く水気を絞ってハンガーなどで干してくださいね。

手洗いの際は、洗面器やバケツの中にぬるま湯を用意して、その中に石鹸や洗剤を少量加えてください。
頑固な汚れがある場合には、あらかじめオシャレ着用洗剤を塗って、汚れをある程度浮かしておきましょう。
その後、洗濯ネットに入れた衣類を優しく丁寧に押し洗いをしましょう。
洗い終わったら、洗濯機の時と同様に軽く水気を絞って乾かしてください。

 

□洗濯で色移りや色落ちしないためのポイントをご紹介!

刺繍が施されたTシャツは洗濯で色移りしたり色落ちしたりすることがあります。
これらを防ぐ方法を5つご紹介します。

1つ目は、漂白剤やアルカリ性洗剤を使わないことです。
市販の粉末タイプの洗剤は弱アルカリ性の商品が多いので、注意してください。

2つ目は短時間で洗濯することです。
水に浸かっている時間が長いほど色落ちや色移りがしやすくなるためです。

3つ目は、熱湯での洗濯は控えましょう。
熱いお湯の方が汚れは落ちやすいですが、色落ちや色移りもしやすくなります。
できるだけ温度を下げて洗った方が色落ちの危険がなくなります。

4つ目に、洗濯機の場合は洗濯ネットを使いましょう。
これは、摩擦や衝撃が多いほど色落ちしやすくなるからです。
洗濯ネットに入れれば、他の衣類との摩擦を少なくできます。

5つ目は、影干しをしましょう。
天日干しをすると紫外線をダイレクトに浴びて、すぐに色褪せたり色落ちしたりします。
風通しの良い場所で陰干しすることをお勧めします。

 

□まとめ

本記事では、刺繍の入ったTシャツの正しい洗濯方法と、洗濯の際の色移りや色落ちを防止する方法についてご説明しました。
正しい洗濯方法で、お気に入りの刺繍の入ったTシャツを大事に使ってください。
オリジナルTシャツの作成をご予定の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツを作るのにかかる時間とは?購入する時の参考に!

オリジナルTシャツを作ってみたいという方はいらっしゃいませんか。
ただどれくらいの期間を要するか分からないため、なかなかチャレンジできない方もいると思います。
この記事では、オリジナルTシャツを着られるまでの流れと期間について詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

 

□納品までの流れをご紹介!

オリジナルTシャツができるまでの流れは、見積もり、デザイン入稿、製版、発送の4工程があります。
具体的な制作工程を知ることで、スムーズに発注できるでしょう。

見積もりでは、発注するTシャツの枚数やデザインをお店の方と相談し、価格と納期の目安を前もって計算します。
しかし、見積もりが必要ない業者さんもいます。
インクジェットプリントなどは製版がない場合は、デザインを入稿すればすぐにTシャツにプリントできるので、見積もりがなくても発注できるでしょう。
見積もりが必要ない場合は一般的に納期が短いので、急ぎで作りたい方は、即日や翌日に発送対応できる業者さんに依頼すると良いでしょう。

次にデザインの入稿作業をします。
最近では、「簡単デザインツール」や「デザインシュミレーター」などのツールが開発され、早ければ10~15分でTシャツのデザインが入稿できます。
パソコンでデータ化したりデザインを圧縮保存したりする必要もないため、気軽にできます。

入稿ができたら製版やプリントの作業に入ります。
製版やプリントは業者さんに全て任せましょう。
また、この作業に入るとデザインのキャンセルなどはできないので、デザイン入稿時にしっかりチェックしておきましょう。

最後に梱包・発送します。
Tシャツが発送された時点が納品ということなので、実際に手元に届くのは納期プラス1、2日と考えた方が良いでしょう。

 

□オリジナルTシャツを着られるまでにかかる時間は?

オリジナルTシャツが手元に届くまでの時間は、デザインや注文数などによって多少異なりますが、10営業日ほどで受け取れる場合が多いです。
当社でも大体1週間~10日で出来上がります。
なので、最短でも使用する予定日の10日前までには注文することをお勧めします。
また、デザインを確認できるサンプルは、大体2~3営業日で受け取れます。

 

□まとめ

本記事では、オリジナルTシャツが完成するまでの流れと日数をご説明しました。
学校の文化祭やスポーツチームでオリジナルTシャツを作る時などにぜひ参考にしてください。
オリジナルTシャツをご依頼の方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/