オリジナルtシャツを作りたい方へ!制作についてご紹介します!

「オリジナルtシャツを作る際の制作方法について知りたい」「作る際に気を付けるべきポイントについて知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
今回は、オリジナルtシャツの制作方法についてご紹介します。

 

□オリジナルtシャツの作り方とは?

オリジナルtシャツの作り方は以下の手順です。
1つ目の手順は、tシャツを選ぶことです。
tシャツといっても予算や使用用途によって、様々な種類があります。
tシャツの素材によっても、速乾性や吸水性が異なります。
季節の変わり目や、誰が着るのかによって使用するtシャツの素材を変えましょう。

2つ目の手順は、デザインを決めることです。
デジタルデータでデザインを決めたり、手書きでデザインしたものをプリントしたり様々な方法があります。
デジタルデザインの場合は、デジタルソフトを使ったり、アプリで作成したりしてデザインします。
手書きでデザインを描く場合には、絵具やクレヨン、マジックなど様々なもので描けます。

それぞれの方法によって、特徴やメリット、デメリットが異なるので自分に合ったものでデザインするようにしましょう。
デザインを1つに絞るのではなく、複数個用意して専門の方のアドバイスをもらうようにすることでより良いオリジナルtシャツを作ることができます。

3つ目の手順は、プリント方法を決めることです。
tシャツのプリント位置と何色でプリントするかも自分で決めます。
プリントする箇所を指定したり、色を複数用いたりすることで追加料金が必要になることがあるので事前に知っておきましょう。

また、メンバーの名前を入れたり、ナンバーを入れたりする場合には加工方法が異なるので、分からない場合は専門の方に相談することで失敗なく作ることができます。

4つ目の手順は、見積もりです。
自分たちの予算にあっているかどうか、サイズや枚数があっているかを最終確認しましょう。

 

□気を付けるべきポイントとは?

オリジナルtシャツを作る際に気を付けるべきポイントはいくつかあります。

1つ目は、高画質で原寸大のデザインデータを用意することです。
解像度が低いことで上手にプリントされなかったり、きれいに見えなかったりします。
より良いtシャツをつくるためにも高画質で大きなデザインを用意するようにしましょう。

2つ目は、生地の色と異なる色でデザインをすることです。
はっきりと自分がデザインした柄が見えるように、生地の色と異なる色でプリントしましょう。
見えにくいと料金を支払って作り直すことになります。
このような手間や費用を抑えるためにも事前に確認しておくことが大切です。

 

□まとめ

今回は、オリジナルtシャツの制作方法についてご紹介しました。
作る際には、事前に流れを知っておき、高画質で原寸大のデザインデータを持ち込むようにしましょう。
オリジナルtシャツの制作方法に関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

キッズ用のオリジナルtシャツの作り方についてご紹介します!

「キッズ用のオリジナルtシャツの作り方について知りたい」「作る際のポイントについて知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
今回は、キッズ用のオリジナルtシャツの作り方についてご紹介します。

 

□キッズ用のオリジナルtシャツを作る際のポイントとは?

キッズ用のオリジナルtシャツを作る際には、いくつかのポイントがあります。

1つ目は、素材です。
子供は肌が未発達で、肌が弱い子供もたくさんいらっしゃいます。
そのため、自分の子供に合った素材を選ぶようにしましょう。
天然素材の綿100パーセントの素材は、肌触りがよく子供も安心して着用できます。

吸水性は優れていますが、水分を含んでしまうと乾きにくいことがあります。
子供は外で遊んで汗をかくと、体が冷えやすくなり風邪を引くことがあるので風邪を引きやすい子供は綿100パーセントの素材を避けることをおすすめします。
その際には、吸水性や速乾性のあるポリエステル100パーセントの素材を用いるようにしましょう。

また、季節によって使い分けることも大切です。
寒い季節には綿素材を使用し、汗をかく夏の間はポリエステルの素材を使用することで安心して着用できます。

2つ目は、サイズです。
キッズ用のtシャツは大人用と比べて使用する布の面積が小さいので、サイズの制限が多いです。
作成する際には、子供の体の大きさとtシャツの大きさを比べて作ることが失敗しないための大きなポイントです。
ピッタリ合うサイズがない場合には、小さめサイズを選ぶより大きめのサイズを選ぶようにしましょう。

 

□tシャツを作る際の注意点とは?

オリジナルtシャツを作る際にはいくつかの注意点があります。

1つ目は、依頼する会社です。
オリジナルtシャツを作る会社は多くあるため、過去の実績や口コミを参考にして決めるようにしましょう。
また、依頼する会社によって仕上がりが異なることもあります。
そのため、その会社の仕上がりをインターネットで調べたり、友人に話を聞いたりすることが大切です。

2つ目は、入稿方法です。
入稿方法は、手書きや文字指定など様々な方法があります。
しかし、会社によって入稿できる方法が異なる場合があるので事前に確認するようにしましょう。

3つ目は、納期です。
オリジナルtシャツをオーダーしてから受け取りまでに1週間から2週間程度かかります。
納品までにかかる日数を事前に確認し、時間に余裕を持ちましょう。

 

□まとめ

今回は、キッズ用のオリジナルtシャツを作る際のポイントや注意点についてご紹介しました。
作る際には、サイズや素材にこだわることが非常に大切です。
オリジナルtシャツを作るポイントに関するお悩みや、質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

手書きのオリジナルtシャツを作ろうとお考えの方へ!ポイントや注意点についてご紹介します!

「オリジナルtシャツの作り方について知りたい」「手書きでtシャツは作れるのかどうか知りたい」
このようにお悩みの方必見です。
今回は、手書きのオリジナルtシャツの作り方についてご紹介します。

 

□手書きでオリジナルtシャツを作る手順とは?

手書きで作る場合には、手書きのデザインをそのまま使用する場合と手書きのデザインをパソコンで形を整える場合の2種類が挙げられます。
手書きのデザインをそのまま使用することで、手書きに雰囲気をそのまま利用することができ、世界で1つだけのシャツを作成できます。
また、パソコンで形を整える場合は、自分では実現できないフォントを使用したり、直線や曲線をきれいに書けたりします。

デザインが決まったら、オリジナルtシャツを作る会社に見積もり依頼を行いましょう。
その際に、自分が書いたデザインも一緒に見せます。
見積り書を出してもらい、データなどに問題がない場合は入稿データとして使用されます。
入稿する際には、デザインをファックスで送ったり、デザインをCDに取り入れて郵送したり、メールで送ったり様々な方法があります。

そのため、自分ができる方法で行うようにしましょう。
また、依頼する会社が自宅から近い場合は、直接持って行くこともできます。

 

□オリジナルtシャツの作り方とは?

手書きのオリジナルtシャツを作る場合にはいくつかの方法があります。

1つ目は、マーカーやクレヨンです。
マジックを使用する場合よりもスムーズにデザインを描くことができます。
また、デザインを描いた後にアイロンを使用することで色がより定着するようになります。

2つ目は、絵具です。
絵具は、マジックやクレヨンにはないみずみずしさや発色の良さが大きな魅力です。
デザインを描く際に使用するものによって、仕上がりに違いがあるので自分好みの仕上がりになるものを選びましょう。
絵具を使用する場合は、洗濯ができるものや発色がきれいなもの、ぬりやすいものなどを選ぶことがおすすめです。

3つ目は、カラースプレーです。
型取りをしてデザインする場合には、カラースプレーを使用することで抜けている部分のみに色が付きます。
また、スプレー独特の色ムラがあり、オリジナリティーのあるtシャツを作れます。

 

□まとめ

今回は、手書きのオリジナルtシャツについてご紹介しました。
手書きでデザインする場合には、絵具を使用したり、クレヨンやマジックを使用したりと様々な方法があります。
オリジナルtシャツに関するお悩みや質問のある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツをお考えの方必見!バックプリントの魅力を解説します!

Tシャツのバックプリントを、微妙だと思っている方はいませんか。
バックプリントは、フロント部分にデザインを描いていないものがあるため、微妙だと感じている方がいると思います。
本記事では、バックプリントの魅力と、オリジナルバックプリントTシャツを作る際の、プリントを入れる位置についてご紹介します。

 

□バックプリントの魅力は?

バックプリントの魅力は、自分の後ろ姿をかっこよく見せられる点です。
外出する際に、自分の髪型や服など、前から見た時にどう見えるかを気にする方は多いと思います。
しかし、自分の後ろ姿はどうでしょうか。
自分で思っているより、自分の後ろ姿の印象は強いです。

例えば、道を歩いているときや買い物をしているときなどは、周りの人を前から見ることはあまりありません。
このように周りの人は、大抵、自分の後ろ姿を見ています。

そのため、後ろ姿にイラストや写真が入っているTシャツを着ると、周りの人からの印象に残りやすくなります。
今まで、Tシャツのフロントに何も描いていないTシャツを毛嫌いしていた方は、ぜひバックプリントのTシャツも着てみてください。

 

□バックプリントの位置はどこが良い?

バックプリントTシャツをオリジナルで作成しようと思った際には、どこにデザインを入れれば良いのでしょうか。
ここでは、バックプリントの位置について、パターンを4つご紹介します。

1つ目は、背中の首下です。
背中の首下にデザインが入っている代表的なTシャツは、ユニフォームです。
このように、ワンポイントで小さくデザインを入れる場合や、チーム名やブランド名を入れる場合は、首下が良いと思います。

2つ目は、背中の中央です。
背中の中央にデザインを入れるパターンは、流通しているバックプリントTシャツの中で、1番多いです。
この場合は、大きくメッセージを描きたいときや、多くの文字を入れたいときに適しています。

3つ目は、背中の据です。
これは、敢えて下の方にデザインを入れ
る場合や、デザインの境界線を据に作る場合に適しています。
また、据にデザインを入れることで、ゆったりとした大きさで作った場合に、上から服を着ても見えるといった特徴があります。

4つ目は肩です。
肩だけにデザインを入れることは稀ですが、前から繋がっているデザインを作成したい場合は、肩にプリントすることになります。

 

□まとめ

本記事では、バックプリントTシャツの魅力と、オリジナルで作成するためのバックプリントの位置についてご紹介しました。
当社は、オリジナルTシャツのご注文を承っております。
ご不明な点がある際は、ぜひお気軽にご連絡してください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツにシルクスクリーンプリントを採用するメリットを解説します!

シルクスクリーンプリントはご存じですか。
オリジナルTシャツを作成したことがある方は、聞いたことがあるかもしれません。
本記事では、シルクスクリーンプリントのご説明と、どんなときにシルクスクリーンプリントを採用した方が良いかについてご紹介します。

 

□シルクスクリーンプリントとは

シルクスクリーンプリントは、Tシャツ作成やアパレルなどで採用されている印刷方式です。
シルクスクリーンプリントの工程をご紹介します。

シルクスクリーンではデザインの版を1色あたり1枚作成します。
その版にインクを落とし、伸ばすことで色を写します。
色の表現にはさまざまな技法がありますが、基本的には以上の工程で作成します。

 

*色の表現技法について

色の表現技法は、3つあります。

1つ目は、間接法です。
これは、露光(ろこう)によってメッシュに柄を移す技法です。

2つ目は、カッティング法です。
これは、カッティングシートを切り抜くことで柄を作成する技法です。

3つ目は、ブロッキング法です。
これは、油性画材を用いて柄を描く技法です。

それぞれ3つの技法には、使用できるインクや、仕上がりに違いがあります。
シルクスクリーンプリントは、これらの技法を1つ1つ手作業で行うため、専門の技術が必要になります。

ぜひ、このシルクスクリーンプリントでTシャツを作る際は、当社にご依頼ください。
さまざまな価格帯、枚数でご依頼を承っております。

 

□シルクスクリーンプリントのメリットとデメリットについて

 

*シルクスクリーンプリントのメリット

シルクスクリーンプリントのメリットは主に2つあります。

1つ目は、版が完成したら、何枚でも作成が可能なことです。
シルクスクリーンプリントは、1つのデザインの1つの色に対して版を作成します。
そのため、同じデザインであれば、同じ版を使うことで何枚でもTシャツを作ることができます。
制作枚数が多いときにはシルクスクリーンプリントを採用することで、コストが抑えられます。

2つ目は、インクについてです。
シルクスクリーンプリントは、特殊なインクを含め、使用できるインクの種類が多いです。
そのため、部分的に手触りを変えたいときに特殊なインクを使用することで、オリジナリティを出すことができます。
また、シルクスクリーンプリントに使われるインクは、耐久性に優れているため、洗濯を頻繁にするTシャツにも向いています。

 

*シルクスクリーンプリントのデメリット

シルクスクリーンプリントのデメリットは主に2つあります。

1つ目はコスト面です。
前述したように、シルクスクリーンプリントは1つのデザインの1つの色に対して版を作成します。
そのため、大量に作る場合でなければ割高になります。
シルクスクリーンプリントのTシャツを作成する場合は、30枚以上が良いでしょう。

2つ目はデザイン面です。
メッシュ生地にインクを通すという技法のため、緻密なデザインはできない可能性があります。
緻密なデザインのTシャツを作成する場合は、インクジェットプリントで依頼するのがおすすめです。

 

□まとめ

本記事が、オリジナルTシャツを依頼する際のプリント加工法に迷った方の手助けとなれば幸いです。
当社では、さまざまなオリジナルTシャツを作成しています。
オリジナルTシャツにご興味がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツをお考えの方へ!インクジェットプリントの特徴を解説します!

インクジェットプリントとは、オリジナルTシャツを作成する際のプリント加工法のひとつです。
本記事では、インクジェットプリントの特徴と、インクジェットプリントで作成されたTシャツの洗濯方法についてご説明します。

 

□インクジェットプリントの特徴とは

インクジェットプリントの特徴は主に3つあります。

1つ目は、プリント部分の劣化についてです。
インクジェットプリントは、プリント部分が堅くなったり、剥がれやひび割れが生じたりすることがないです。

2つ目は、仕上がりについてです。
インクジェットプリントは、繊維本来の通気性や吸水性を損なわずに仕上げられます。

3つ目は、プリントができる種類についてです。
インクジェットプリントは、スマホやデジタルカメラで撮影した写真をそのままTシャツの生地へプリントできます。

 

□インクジェットプリントのTシャツを洗濯する際の注意点をご紹介!

インクジェットプリントは便利なプリント加工法ですが、注意しなければならない点があります。
ここでは、このことについて、対策方法も一緒にご紹介します。

 

*洗濯する際の注意点は?

インクジェットプリントの注意点は、色落ちや色移りについてです。

インクジェットプリントは、インクを直接Tシャツに吹きつけることでデザインを印刷します。
そのため、他のプリント加工法より洗濯に弱いです。
1回目の洗濯時に色が移ってしまったり色が落ちてしまったりする可能性は低いですが、2回目以降に洗濯する場合には対策が必要です。

 

*色落ちや色移りの対策方法は?

これからご説明する対策方法を実践すれば、確実に色落ちや色移りを回避できるとは限りませんが、可能性は低くなります。

1つ目は、白物とは分けて洗濯することです。
インクジェットプリントに限った話ではないですが、インクジェットプリントを使用したTシャツが少しでも色落ちすると、白物と一緒に洗濯した場合にはとくに色移りする可能性があります。

そのため、白物とは別にする必要があります。
一度に洗いたい場合は、ネットに入れることで色落ちや色移りを防ぐことができます。

2つ目は、裏返すことです。
基本的には、Tシャツの裏にインクを吹きかけることはないと思います。
そのため、洗うときにインクジェットプリントのTシャツを裏返すことで、色落ちや色移りを防げます。

 

□まとめ

インクジェットプリントでオリジナルTシャツを作成する際は、世界に1つだけのTシャツを作成したいと思います。
その際に、本記事を参考にして頂けると幸いです。
当社では、オリジナルTシャツのご注文を承っております。
ご不明点があれば、ぜひお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツに蛍光色を取り入れるメリットについて解説します!

オリジナルTシャツに、蛍光色を入れようと思ったことはありますか。
蛍光色を入れられることを知らない方や、蛍光色を入れるとデザインが変になってしまうかもしれないと不安に思っている方がいると思います。
本記事では、蛍光色を入れるメリットと、蛍光色を入れる場合にどのプリント加工を注文すれば良いかについてご紹介します。

 

□蛍光色を入れるメリットについて?

オリジナルTシャツに、蛍光色を入れるメリットは、主に3つあります。

 

*オリジナリティがあるTシャツが作れる!

蛍光色をTシャツに入れる際は、オプションで追加することになります。
そのため、自分のオリジナルTシャツが、完成間近に周りと同じようなものになってしまった場合にも蛍光色をオプションで追加できます。
そうすることで、周りとは一味違うTシャツを簡単に作れます。

 

*他の色やデザインを際立たせる!

人間は、蛍光色を見た時に、他の色より早く認識します。
そのため、蛍光色をTシャツに入れると、目立たせたいデザインを際立たせることができます。
しかし、注意点として、蛍光色のTシャツに、黒や青など通常のインクでプリントした場合は、デザインを際立たせることができない可能性が高いため、気を付ける必要があります。

 

*デザインが苦手な方はぜひ!

デザインが苦手な方や、オリジナルTシャツの作成が初めての方は、蛍光色を入れると変になるのではないかという不安があると思います。
しかし、蛍光色を入れることによって、誰でも簡単にアクセントをいれることができます。
ぜひ、試してみてください。

 

□蛍光色を入れられるプリント加工法は何?

残念ながら、一部のプリント加工法でしか、蛍光色を入れることができません。
蛍光色を入れたい場合には、蛍光色のインクを使用したシルクスクリーンプリントで入れることができます。
このときに注意点があるため、ご紹介します。

 

*蛍光色を入れる際の注意点

1つ目は、フルカラープリントに対応していないことです。
蛍光色を入れる際は、シルクスクリーンというプリント加工法でプリントするため、フルカラーの表現ができません。
そのため、蛍光色部分の色はフルカラーではなく、単色にする必要があります。

2つ目は、デザインによっては制限があることです。
蛍光色は、通常のインクに比べて生地の色の影響を受けやすいです。
そのため、蛍光プリントをする際は、細かいデザインの色が潰れてしまうことを考慮して、重ね塗りをします。
このようなことから、蛍光色プリントで繊細なデザインをすることは難しいです。

 

□まとめ

本記事が、オリジナルTシャツに蛍光色を入れるきっかけとなれば幸いです。
当社は、オリジナルTシャツのご注文を承っております。
ご不明な点がある際は、ぜひお気軽にご連絡してください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツのデザインをおしゃれにできるプリント方法について解説します!

「オリジナルtシャツのデザインをおしゃれにできるプリント方法を知りたい」
このようにお考えの方が多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、オリジナルtシャツをおしゃれにできるプリント方法と、オリジナルtシャツのおしゃれな着こなし方について解説します。

 

□オリジナルtシャツのデザインをおしゃれにできるプリント方法について

1つ目は、シルクスクリーンプリントです。
シルクスクリーンプリントを採用することで、鮮やかに色彩を表現できます。
また、イメージに近い印刷が可能な点も特徴として挙げられます。

2つ目は、フルカラー転写プリントです。
フルカラー転写プリントは、原稿がコピーできるものである場合、フルカラーで転写できます。
そのため、写真や手書きのイラストと同様の雰囲気にプリントできます。

3つ目は、カッティング圧着プリントです。
カッティング圧着プリントは、事前に決められた色の圧着シートを切ってプリントします。
蛍光色の発色やラメプリントの仕上がりが非常に美しいです。

4つ目は、ダイレクトインクジェットプリントです。
ダイレクトインクジェットプリントは、顔料インクで直接生地を染めます。
しなやかに仕上がるため、ひび割れが生じたりプリントが剥がれたりしません。
ソフトで優しい雰囲気に仕上がるのが特徴として挙げられます。

 

□オリジナルtシャツのおしゃれな着こなし方について

 

*女性

オリジナルtシャツとジーンズを組み合わせる場合は、靴の種類によって雰囲気が大きく変わります。
スニーカーと合わせる場合には、カジュアルに着こなせます。
一方で、ヒールと合わせる場合には、エレガントな印象を与えられるでしょう。

また、オリジナルtシャツとスカートとの組み合わせもおすすめです。
特に柄スカートとの相性が非常に良く、シンプルなデザインだけでなく、はっきりとした色やデザインのオリジナルtシャツにも合います。

 

*男性

男性がオリジナルtシャツをおしゃれに着こなすためには、ご自身の体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。
ご自身に合ったジャストサイズのオリジナルtシャツを着ることで、メリハリあるカッコいい印象を与えます。
また、ジーンズと組み合わせる際には、帽子やサングラスを取り入れることでよりおしゃれな印象を与えられます。

 

□まとめ

今回は、オリジナルtシャツをおしゃれにできるプリント方法と、オリジナルtシャツのおしゃれな着こなし方について解説しました。
今回の記事を参考に、ご自身に合ったプリント方法を検討して頂ければ幸いです。
オリジナルtシャツをお考えの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルtシャツにおすすめのロゴの入れ方について解説します!

「オリジナルtシャツのロゴの入れ方が分からない」
このようにお悩みの方が多くいらっしゃるでしょう。
ロゴの入れ方によって、オリジナルtシャツの印象が大きく変わります。
そこで今回は、オリジナルtシャツのロゴの役割と、オリジナルtシャツにおすすめのロゴの入れ方について解説します。

 

□オリジナルtシャツのロゴの役割について

ロゴは、日常の中で目にする機会が多いですよね。
特に、広告看板や商品のパッケージにロゴが使用されています。

このように、広告看板や商品のパッケージにロゴを使用する目的は、企業理念や商品の特徴を人々に伝えるためです。
ロゴには、繰り返し見ることで認識させる効果があるため、人々に印象づけられます。
そして、ロゴには3つの区分けで定義されています。

1つ目はロゴタイプです。
ロゴタイプは、企業名や製品名、ブランド名などを示す文字をデザインしたものです。

2つ目はシンボルマークです。
シンボルマークは、会社を象徴する理念や、製品の特徴、道具を図案化したものです。

3つ目はロゴマークです。
ロゴマークは、ロゴタイプとシンボルマークを組み合わせたものです。

上記の3つの区分けから、私たちが日常的に見ているロゴは、ロゴタイプとシンボルマークを組み合わせたロゴマークであることが分かります。

 

□オリジナルtシャツにおすすめのロゴの入れ方について

1つ目は、ワンポイントとして胸元にロゴを入れることです。
ロゴの入れ方の中でも、ロゴを胸元に入れるタイプが最も人気です。
難しいデザインを考えずに、企業やチームの名前を入れるだけでオリジナルTシャツとして使用できます。
そのため、手軽にオリジナルtシャツを作りたい方におすすめです。

2つ目は、真ん中にロゴを入れることです。
首の下の真ん中にロゴが入っているタイプは、近年流行しています。
オリジナルtシャツだけでなく、ファッションtシャツや大手ブランドのtシャツでも、このようなデザインが多いです。

3つ目は、広範囲に大きく入れることです。
ロゴtシャツは、シンプルで小さいデザインをワンポイントで入れるイメージがありますよね。
しかし、広範囲に大きく入れるのもおすすめです。
あえてロゴを広範囲に大きく入れることで、デザインを目立たせられます。

 

□まとめ

今回は、オリジナルtシャツのロゴの役割と、オリジナルtシャツにおすすめのロゴの入れ方について解説しました。
今回の記事を参考に、ご自身に合ったロゴの入れ方を考えて頂ければ幸いです。
オリジナルtシャツをお考えの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

ビッグシルエットのオリジナルtシャツについて解説します!

「ビッグシルエットのオリジナルtシャツを失敗せずに作成したい」
このようにお考えの方が多くいらっしゃるでしょう。
失敗を防ぐためには、プリント方法や注意点を把握することが大切です。
そこで今回は、ビッグシルエットのオリジナルtシャツに適したプリント方法と注意点について解説します。

 

□ビッグシルエットのオリジナルtシャツに適したプリント方法について

 

*シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、チームオーダーからアパレルといった幅広いジャンルで使用されています。
1つの版でインクの種類や色を変えられるため、多様な表現ができます。
枚数が多い程割安になるため、同じデザインで複数枚のオリジナルtシャツを作成したい場合に最適なプリント方法です。

 

*フルカラー転写プリント

フルカラー転写プリントは、写真や企業ロゴといった色味や色数にこだわりたい場合に使用されるプリント方法です。
フルカラーで転写できるため、実際の写真やイラストと同様の雰囲気を出せます。

 

*カッティング圧着プリント

カッティング圧着プリントは、別々の名前や背番号をプリントする際に適したプリント方法です。
特に、野球やサッカーなどのユニフォームに最適です。
発色が非常に良いため、デザインを目立たせたい時に使用すると良いでしょう。

 

□ビッグシルエットのオリジナルtシャツの注意点について

ビッグシルエットのオリジナルtシャツを作成する際には、サイズに注意する必要があります。
理由は、tシャツのサイズによってデザインの見え方が変わるためです。
デザインの大きさを統一した場合、tシャツのサイズが大きいほどデザインが小さく見えます。
そのため、オリジナルtシャツのサイズを決める際には、デザインの大きさも考慮することをおすすめします。

フルカラー転写プリントやインクジェットプリントは、大きさを自由に変えられます。
一方で、シルクスクリーンプリントは、デザインの色やサイズ、プリント位置によって1枚ずつ製版する必要があります。
そのため、見え方を揃えたい場合には、その分コストもかかります。

そこで、サイズに関するおすすめの対策方法として以下3点が挙げられます。

・小さいサイズのオリジナルtシャツに合わせる
・注文するオリジナルtシャツの中で1番多いサイズに合わせる
・シルクプリント以外のプリント方法を使用する

上記の対策方法を考慮してビッグシルエットのオリジナルtシャツを作成することで、サイズの失敗を防げるでしょう。

 

□まとめ

今回は、ビッグシルエットのオリジナルtシャツに適したプリント方法と注意点について解説しました。
今回の記事を参考に、ご自身に合ったビッグシルエットのオリジナルtシャツを作成して頂ければ幸いです。
オリジナルtシャツをお考えの方は、当社までお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/