クラスのみんなが着たがるクラTのデザインをご紹介します!

中学校や高校の学校行事に体育祭や文化祭などがあります。
学校によっては、クラスでオリジナルTシャツを作って着ることが許可されています。
イベント時にクラスTシャツを着る1番のメリットとして、クラスのみんなとより絆を深められる点が挙げられます。
今回は、クラTのデザインについて解説していきます。

 

□クラスTシャツのデザインのポイントをご紹介!

クラスTシャツはクラスのみんなが着ます。
1人1人好みが違うのは当然ですが、みんなのテンションを上げるためにも、みんなが着たがるようなクラTをデザインする必要があります。
ここでは、クラTのデザインを考える上でのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、全員の名前や顔のイラストを入れることです。
クラスのメンバーの似顔絵イラストやニックネームを入れると、クラスの一員である実感が湧き、イベントへの気合いが高まります。
担任の先生の分も忘れないでくださいね。

2つ目は、背ネームに1人ずつ好きなデザインを入れることです。
こちらは、1人ずつ違う文字や数字をプリントしたい場合に使用される方法です。
Tシャツの前や背中に自分だけのデザインを入れることで、より愛着のわくクラTが作れます。
好きな文字や数字でも良いですし、友達とおそろいの文字や数字でも良いですね。

3つ目は、サンプル試着を行うことです。
サイズ間違いで着られない人が出てしまわないためにも、プリント前の無地Tシャツをサンプルで試着しましょう。
クラTなどのオリジナルのデザインが入れられているTシャツは、基本的に返品できないので注意しましょう。

 

□Tシャツのデザインでよくある疑問をご紹介!

ここでは、クラスTシャツのデザインを作成する際に疑問になりやすい点をご紹介します。

 

*アニメキャラクターを使っても良いのか

イラストを入れたくてもオリジナルのキャラクターはなかなか作れないですよね。
そこで有名なアニメキャラクターに頼りたくなる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、アニメキャラクターの使用は違法である可能性が極めて高いです。
というのも、文化祭や体育祭などで使用する準備物やクラTは、授業に必要なものとは認められていないためです。

そのため、クラTに有名なアニメキャラクターを使用することは、著作権の侵害に当たる可能性が高いです。

 

*supreme風のロゴは使えるのか

supremeは、若者を中心に人気のファッションブランドです。
supremeのような人気のファッションブランドの中には、ロゴがかっこいいファッションブランドが数多くあります。
クラTに取り入れたいという方も多いでしょう。

これについては、条件次第になりますが、問題なしだと考えられます。
よほど文字の組み合わせが重複していない限り、デザインとして取り入れることに問題はないでしょう。

 

□まとめ

本記事では、クラスTシャツのデザインのポイントと、デザインに関するよくある疑問をご紹介しました。
クラTの作成係の人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

かっこいいオリジナルTシャツの作り方をご紹介します!

記念やイベント等でオリジナルのTシャツを作る機会がある時に、悩みの種になりやすいのがTシャツのデザインです。
特に男性の場合は、かっこいいオリジナルTシャツを作りたいですよね。
今回は、デザインを考える前にすべきこととデザインの案をご紹介しますので、最後までご覧になってください。

 

□デザインを考える前にすべきこととは?

かっこいいオリジナルTシャツのデザインを考える前にやるべきことがあります。
3つご紹介しますが、どれもかっこいいオリジナルTシャツを作る上で非常に大切なことなので、ぜひ参考にしてみてください。

 

*目的を明確にする

1つ目は、Tシャツを作る目的を明確にすることです。
オリジナルTシャツを作る目的は人それぞれですが、目的を明確にしてデザインを考えることで、より高クオリティなオリジナルTシャツを作成できるでしょう。

たとえば、ご自身の会社が主催する地域イベントで使うオリジナルTシャツなら、「会社の認知度を高めたい」といった目的を設定できます。
このように、目的を設定・確認することで、オリジナルTシャツのテイストを絞り込めます。

 

*テイストを考える

2つ目は、テイストを考えることです。
テイストは大まかでも大丈夫です。
たとえば、先ほど述べた、会社が主催する地域イベントで使うオリジナルTシャツなら、会社の認知度を上げるために、会社のロゴマークやイラストを取り入れると良いでしょう。
1つ目で述べた、「目的を明確にする」を基盤に考えると、良いテイストが思い浮かびやすくなるでしょう。

 

*カラーやモチーフを選ぶ

3つ目は、カラーやモチーフを選ぶことです。
大まかな方向性が決まったら、カラーやモチーフなどを選んで、デザインをより具体的なものに仕上げます。
まず、必ず入れ込みたい文字やロゴ、イラストなどを書き出します。
次にTシャツのカラーと入れ込むモチーフのカラーを決めましょう。

以上が、デザインを考える前にしてほしい3つのことでした。

 

□かっこいいオリジナルTシャツのデザイン案をご紹介!

ここでは、かっこいい印象を与えるデザインを3つご紹介します。
オリジナルTシャツ作成にぜひ活用してください。

1つ目は、ジオメトリックTシャツです。
ジオメトリックとは幾何学模様のことを指します。
ジオメトリックは、デザイン初心者の方でも描きやすいデザインなので、初めてTシャツづくりをされる方におすすめです。

2つ目は、フォトTシャツです。
フォトTシャツは、クールな印象を与えやすいデザインです。
カラーも良いですが、モノクロやセピア調に加工すればよりかっこよく仕上がることでしょう。

3つ目は、メッセージTシャツです。
「かっこいいTシャツを作りたいのに、絵が何も浮かばない」
という方でも心配いりません。

メッセージをプリントしてかっこいいTシャツが作れるのです。
チーム名や企業理念を英語にしてプリントしてみると、かっこよく見えることでしょう。

 

□まとめ

今回は、かっこいいオリジナルTシャツが欲しい方へ、デザインを考える前にすべきことと、デザインの案をご紹介しました。
オリジナルTシャツを作成したい方は、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルパーカーを自作したい方必見!メリットとデメリットをご説明します!

この記事をご覧の方は、オリジナルパーカーを作ってみたいと思っていることでしょう。
実際、自分でデザインした服は愛着がわくものです。
今回は、オリジナルパーカーを作るメリットをご説明します。
さらに、生地選びの注意点もご紹介します。

 

□オリジナルパーカーを作るメリットとデメリットをご紹介!

オリジナルパーカーを作る1番のメリットは、オリジナルパーカーを作る過程が楽しいことです。
これは、既製品を買うだけでは決して味わえません。

親子や友達、会社の同僚と親交を深める絶好の機会です。
さらに、完成したパーカーは着るだけでなく、着れなくなった後も記念品として大切に保管しておけば、いつでも当時のことを思い出せます。

 

□オリジナルパーカーの生地選びには注意点がある?

オリジナルパーカーは、イラストはもちろん、選んだ生地によっても大きくデザインが変わります。
ここでは、オリジナルパーカーの生地選びに関する注意点をご紹介します。

 

*プリントしやすい生地を選ぶ

1つ目は、プリントしやすい生地を選ぶことです。
オリジナルパーカーに使われることが多い生地は、コットンとポリエステルが混ざった生地です。
他にも、コットンやポリエステル、ナイロン、ウールなどが使われることがあります。

ロゴや写真など、デザインをプリントするアイテムによっても適した生地の種類は異なります。
たとえば、転写シートをアイロンでプリントする時には、熱に強い生地を選ぶ必要があります。
プリントするアイテムに適した生地でないと、プリント部分の劣化が早くなる可能性があるので注意しましょう。

 

*生地の厚みをチェックする

2つ目は、生地の厚みを確認することです。
生地には、素材の違いだけでなく、厚さもいくつか種類があります。
パーカーの生地の厚みを確認する方法の1つに、スウェット素材の厚みの単位である「OZ(オンス)」を確認する方法があります。
着用する時期などを考えると、選びやすくなるでしょう。

 

*パーカーの形も重要

3つ目は、パーカーの形です。
ご存知の方が多いと思いますが、パーカーにはジップアップタイプとプルオーバータイプがあります。
パーカーの形は、特にデザインの入れる位置に大きく影響します。
たとえば、パーカー前面の真ん中部分に大きめのイラストやロゴを入れたい方には、ジップアップタイプはおすすめしません。

 

□まとめ

本記事では、オリジナルパーカーを作りたい方に向けて、メリットと生地選びにおける注意点をご紹介しました。
オリジナルパーカーを自作する機会は人生の中であまり多くない機会ですので、ぜひ楽しんでください。
オリジナルパーカーやTシャツの作成をお考えの方で、疑問点やご質問がありましたらお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

おしゃれなオリジナルTシャツを作ろう!作り方をご説明します!

イベントや記念の際に、オリジナルTシャツを作りたいと思われる方は少なくありません。
しかし、実際に作るとなるとデザインや準備の面で、不安を抱えてしまう方もいらっしゃいます。
そこで、今回はおしゃれなオリジナルTシャツの作り方をご説明します。

 

□おしゃれなオリジナルTシャツを作るコツとは?

まずは、オリジナルTシャツをおしゃれに作るコツを3つご紹介します。
ポイントを押さえれば、誰でもおしゃれなTシャツを作れるので、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、胸もとにワンポイントだけ取り入れる方法です。
デザインが多ければ多いほど、おしゃれになるとは限りません。
デザインによっては、Tシャツの胸もとにワンポイント入っているだけで、アクセントの役割を充分に果たすこともあります。
胸もとにワンポイントを入れたTシャツは、主張しすぎることなく控えめで落ち着いた印象を与えてくれます。

2つ目は、反対色を使用してインパクトを与える方法です。
デザインを考える時にカラーリングまでこだわりたいとお考えの方は多いでしょう。
ボディとデザインのカラーを反対色にすると、自分で作ったデザインがより目立ちます。
デザイン部分を主張したい場合におすすめの方法です。

3つ目は、前面に大きなプリントを入れて存在感を出す方法です。
大きなプリントが施されたTシャツを着れば、そのTシャツが見る人にとって大きな存在感を与えることでしょう。
パンツや靴をシンプルにすると、Tシャツのデザインがより際立って見えることでしょう。

 

□プリント方法をご紹介!

Tシャツのプリント方法は1種類ではありません。
自分が作りたいオリジナルTシャツのデザインによって、最適なプリント方法は変わります。
ここでは、3種類のプリント方法を抜粋してご紹介します。

 

*シルクスクリーンプリント

シルクスクリーンプリントは、幅広いジャンルで使われているプリント方法です。
版にデザインの形で穴を作り、その穴からインクを出してプリントします。
1つの版でインクの色を変えたり、インクの種類を変えたりできるので、様々な表現ができるメリットがあります。

 

*フルカラーインクジェットプリント

フルカラーインクジェットプリントは、少数枚だけ製作する場合やフルカラーの細かいデザインなどを作りたい場合に使われるプリント方法です。
プリント出来る素材は綿素材のものに限定される点が注意点です。

 

*カッティングプリント

カッティングプリントは、1枚1枚に別々の名前や背番号をプリントする場合におすすめのプリント方法です。
シートをカッティングマシンで直接カットし、熱プレス圧着します。

 

□まとめ

本記事では、おしゃれなオリジナルTシャツを作るために知ってほしいポイントと、プリント方法をご紹介しました。
当社は、豊富な種類とカラーバリエーションでお客様だけのオリジナルTシャツをお届けします。
オリジナルTシャツの刺繍・プリントなら当社にお任せください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

名入れのtシャツはいかがですか?贈り物としての魅力をご紹介

「贈り物として名入れTシャツは最適か」
「名入れの際のポイントについてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、名入れTシャツの人気の理由と名入れの際のポイントについてくわしくご紹介します。

 

□名入れTシャツの人気の理由についてご紹介!

名入れTシャツは、特に出産祝いへのプレゼントに人気があります。
新しい命が誕生したお祝いに赤ちゃんの名前が入ったギフトを贈るのは一般的ですが、名前が入ったベビーTシャツは記念に残るものとして大変喜ばれます。
大きくなって着ることがなくなった時も、額に入れて飾っておけるため、実用的でインテリアとしてもおすすめです。

名入れTシャツは、名前だけでなくメッセージを入れられるもの大きな特徴です。
メッセージを入れられるため、贈り主の感謝の気持ちを伝えやすいです。
例えば父の日を始め、長寿祝いなど、今までの感謝と労りの気持ちを表したい時に名入れTシャツは最適でしょう。

プレゼントのマンネリ化を避ける時にも、名入れTシャツは活躍します。
普段とは違ったプレゼントとして、プレゼントを渡す相手にも大変喜んでもらえることでしょう。

 

□名入れの際のポイントについてご紹介!

名入れの際のポイントは、大きく2つあります。

1つ目は、主張しすぎない名入れをすることです。
リュックサックやバッグなど外出時に使うアイテムへの名入れは、避けた方が良いでしょう。
なぜなら、外にいる多くの人に個人情報である名前を教えることになるからです。
加えて、このようなプレゼントをもらったとしても、防犯の観点から外では使いにくいという意見もあります。

同様にTシャツに大きな名前を名入れすることも避けた方が良いでしょう。
家の中で使うアイテムであれば気にならないような点も考慮するべきですね。

2つ目は、相手が名入れを好むか否かを確認しておくことです。
名入れTシャツを好むか否かは、贈り物を渡す相手によって異なります。
中には、名入れされることを好まない人もいるため、必ず相手に確認しておくことが大切です。
日頃の趣味や持ち物などから名入れが好きそうな方かどうかよく考えて贈りましょう。

 

□まとめ

今回は、名入れTシャツの人気の理由と名入れの際のポイントについてくわしくご紹介しました。
本記事が、名入れTシャツを贈り物として渡そうとお考えの方の参考になれば幸いです。
本記事に関して、疑問点等がございましたらお気軽に当社までご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

クラスイベント前の方必見!オリジナルのクラスtシャツをご紹介

「クラスイベントに向けてクラスTシャツをつくりたい」
「クラスTシャツをつくるときの注意点についてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、クラスTシャツの人気の秘訣とクラスTシャツをつくる際の注意点についてご紹介します。

 

□クラスTシャツの人気の秘訣について

人気の秘訣は、大きく3つあります。

1つ目は、クラスで一致団結できることです。
全員で同じTシャツを身につけることで、仲間意識が高まり、気持ちも一体化します。

加えて、同じ目標に向かって、みんなで協力しながら行動しやすくなるでしょう。
団結力アップは、優勝やイベント成功の大きなカギとなること間違いなしです。
コミュニケーションもスムーズにとれるようになり、意見を交わしながらより良いアイデアが生まれるでしょう。

2つ目は、思い出の写真、動画が映えることです。
おそろいのクラスTシャツを着ることで、特別な日という印象になります。
制服や体操服を着ているときよりも、ひときわ素敵な写真・動画が撮れるでしょう。

3つ目は、学生時代だけの特権「学割」が使えることです。
学生さんだけが使える特別の割引「学割」を使って、おそろいのTシャツを安くつくれます。
学割が使えるのは、学生の特権です。
ぜひ今のうちにいろんなところで利用してみましょう。

 

□クラスTシャツをつくる際の注意点について

クラスTシャツをつくる際の注意点として、著作権と商標権を侵害しないことが挙げられます。

漫画やアニメのキャラクター、バンドや映画のロゴ、企業ブランドやWebサービスのロゴ、雑誌や書籍、映像作品のタイトル、写真、文章、実在人物の名前や写真には、法律で保護されています。

著作権は、創作と同時に発生する権利とされているので、特別な届け出は必要としません。
企業ロゴは、特許庁に所定の届け出を経ることで、商標として認められます。
さらに、人物写真は別の権利で保護されています。

これらの権利を無意識のうちに侵害してしまうことのないよう、事前に確認することが大切です。
世界に1枚のオリジナルのクラスTシャツをつくるためにも必ず著作権を意識するようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、クラスTシャツの人気の秘訣とクラスTシャツをつくる際の注意点についてご紹介しました。
本記事が、クラスTシャツをつくる際の参考になれば幸いです。
本記事に関して、疑問点等がございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

トレーナーに刺繍はいかがですか?刺繍の魅力をご紹介

「トレーナーに刺繍をしたいと考えている」
「刺繍の魅力についてくわしく知りたい」
このようにお思いの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、刺繍加工のメリットとデメリット、トレーナーへの刺繍加工のポイントについてくわしくご紹介します。

 

□刺繍加工のメリットとデメリットについて

メリットは、大きく3つあります。

1つ目は、自由度が高いことです。
すでにデザインが決められているものを使用するのとは違い、自由にデザインを決められるのが刺繍の良さです。

2つ目は、高級感があることです。
刺繍は、プリントよりも高級感が出ます。
立体感が生まれるため、高級感が出やすいと言えます。

3つ目は、使っていくほどに味が出ることです。
刺繍は、メンテナンスをしながら使用することで味が出てきます。
そのため、思い入れが強くなるでしょう。

デメリットは、大きく3つあります。

1つ目は、時間がかかることです。
刺繍で細かな文字やグラデーションを作る場合、多くの時間が必要です。

2つ目は、コストがかかることです。
時間がかかるということはその分コストも必要です。
デザインによって、コストが大きく変動する可能性があるでしょう。

3つ目は、細かいデザインが難しいことです。
刺繍では、細かいデザインを再現することが難しいです。

 

□トレーナーへの刺繍加工のポイントについて

刺繍加工のポイントは、大きく2つあります。

1つ目は、トレーナーに刺繍やプリントを付けられることです。
刺繍やプリントは、自分で作成したデザインや、無料デザイン素材から選べます。
文字のみの刺繍やプリントであれば、自分好みのフォントも選択できます。

ただしこのとき、著作権には注意しましょう。
既存のブランドに似かよったデザインであれば、著作権に引っかかってしまう可能性があります。
そのため、作成の際にはリサーチを行いましょう。

2つ目は、デザインテンプレートを利用することです。
オリジナルのトレーナーを作成するのであれば、おしゃれなデザインに仕上げたいと考える方も多いでしょう。
そんな方に、デザインテンプレートをおすすめします。

デザインテンプレートでは、オリジナルパーカーを着用する用途に合わせたデザインを選ぶこともでき、バリエーションも豊富です。
おしゃれなデザインのオリジナルパーカーを手軽に作成したい場合は、利用してみましょう。

 

□まとめ

今回は、刺繍加工のメリットとデメリット、トレーナーへの刺繍加工のポイントについてくわしくご紹介しました。
本記事が、トレーナーに刺繍を入れることを検討されている方の参考になれば幸いです。
本記事に関して、疑問点等ございましたらお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルのtシャツはどう作る?お洒落なtシャツの作り方をご紹介

「オリジナルのTシャツを作りたい」
「お洒落なTシャツを作るためのポイントについてくわしく知りたい」
このようにお考えの方も多いでしょう。
そんな方に向けて今回は、オリジナルのTシャツをデザインする際のポイントとコツについてご紹介します。

 

□デザインをする際のポイントについて

1つ目は、できるだけ高画質かつ原寸大のデザイン画像を用意することです。
デザイン画像を用いてオリジナルのTシャツを作る場合、解像度の高い画像を用意しましょう。
解像度が低い場合、プリントしたときにきれいに見えなくなる可能性があります。

加えて、プリントサイズの原寸大のデザインを準備することも重要です。
プリント方法によって、デザインを拡大・加工するために業者に別途デザイン料を支払わなければならないケースがあります。
このような事態を避けるためにも、事前に原寸大のデザインを準備しておくことが重要です。

2つ目は、見えにくくならないよう生地の色とは違う色で図柄をデザインすることです。
オリジナルデザインでTシャツを作る際には、生地の色とは違う系統の色でデザインを作成することをおすすめします。
オリジナルTシャツを作る場合、プリントされた状態を見てから修正することは難しいです。
デザインが見にくいという事態を避けるためにも、色のチョイスには注意しましょう。

3つ目は、シルクスクリーンでは必要以上にデザインの色数を増やさないことです。
シルクスクリーンのように1色ごとにプリントする方法を使う場合、色数を少なくしましょう。
そうすることで、プリント料金を抑えられます。
なぜなら、1色ごとにプリント作業を行うため、手間がかかるからです。

 

□デザインをする際のコツについて

1つ目は、着るときを考えてデザインを作ることです。
デザインデータを作る環境にもよりますが、Tシャツは着るものであるため平面で見たときと印象は異なります。
そのため、胴回りはふんわりと膨らむことを計算して作るのがおすすめです。

2つ目は、デザインのサイズに気を付けることです。
デザインサイズは、実際のTシャツを見て微調整しましょう。
意外と大きすぎたり、小さすぎたりすることもあります。

3つ目は、フォント選びに注意することです。
デザインをシンプルにするには、フォント選びが重要です。
デザインにあったフォントを選ぶようにしましょう。

 

□まとめ

今回は、オリジナルのTシャツをデザインする際のポイントとコツについてご紹介しました。
本記事を参考に、納得のいくオリジナルのTシャツをつくっていただければと思います。
お困りやお悩みのことがございましたら、ぜひ当社にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オシャレなオリジナルパーカーの作り方について解説します!

「ちょっと目を引くオシャレな一着」「皆で揃えたこだわりの一着」に興味がある方で、どのように作れば良いのかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、そのような方に向けて、パーカーを例に取ってオリジナルな一着を自作する場合とオーダーする場合について説明します。

 

□オリジナルパーカーを自作する方法

まずは自作する場合の行程を説明します。
まず、ベースとなるパーカーを決めましょう。
初心者の方には、失敗しづらい淡い色の物や高価でない物をおすすめします。

次に、プリントしたい部分を考えて原寸大でデザインを決めましょう。
シンプルなデザインにすることで仕上がりがきれいになるでしょう。

そして、プリント方法を決めましょう。
ここでは、4つの方法を紹介します。
どれも安くて、簡単にできる方法なので参考にしてください。

まずステンシルでプリントする方法です。
原寸大のデザインの上にクリアファイルを乗せて、テープで固定します。
デザインに沿ってカッターでクリアファイルを切ります。
全て切り終えたらクリアファイルがステンシルシートになっています。

それをパーカーの印刷したい部分の上に乗せて、布用のインクで上からポンポンします。
この時パーカーの中に新聞紙を挟んでおくと反対面にインクが染みこむことを防げます。
最後にデザイン部分の上から当て布をして、アイロンがけをしたら完成です。
ステンシルシートを使い回せば同じデザインを量産できます。

続いて、消しゴムはんこで押す方法です。
消しゴムはんこ用の大きな消しゴムを用意します。
そして、プリントしたデザインを消しゴムに乗せて鉛筆でなぞり、デザインを写します。
デザイン以外の部分をカッターで切り抜きます。

染みこみ防止用の新聞紙をパーカーに挟んだら、布用のインクでパーカーにはんこを押します。
この時、消しゴムにカスが付いているときれいに押せないので注意しましょう。

最後はアイロンプリント用のプリンタ用紙を使う方法です。
アイロンプリントができる用紙を使えば、フルカラー印刷ができます。
手書きのデザインの場合は一度スキャンして用紙に印刷しましょう。

以上オリジナルパーカーの自作方法を説明しました。
メリットとしては、作る時間を楽しめることが挙げられます。
一方で、失敗しやすいというデメリットもつきまといます。
失敗を気にされる方は、プロに任せることをおすすめします。

 

□オリジナルパーカーをオーダーする方法

とにかくクオリティーを求めたい方や手間を省きたいという方には、当社のようなプロにオーダーすることをおすすめします。
ここでは、プロにオーダーする場合のメリットを3つご紹介します。

1つ目は、大量生産しやすいことです。
特に会社のユニフォームや学校行事のためにたくさん必要な場合は便利です。
加えて、大量生産によりコストを抑えられます。

2つ目は、仕上がりが高品質なことです。
専用の機械を使って印刷するので断然きれいに仕上がります。
また、当社ではワンポイントとして名入れや刺繍を付けることもできますので、ぜひご検討ください。

3つ目は、時間が省けることです。
オーダーしてしまえば、後は待つだけなので自作に比べて時間がかかりません。
もちろん、デメリットもあります。
それは、納品まで完成品を見られないことです。

完成品が想像していた色味と異なる場合があります。
しかし、当社はこれまでお客様の希望に真摯に向き合い、たくさんの支持をいただいておりますのでご安心ください。

 

□まとめ

今回はオリジナルパーカーの作り方について自作する場合とオーダーする場合を説明しました。
参考にしていただき、ご自身に合った方法でオシャレな一着やこだわりの詰まった一着を作ってみてはいかがでしょうか。
当社は一点物から大量オーダーまで広く対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツのデザインはどうすれば良い?オススメを紹介します

世界に一着だけのオリジナルTシャツを作りたいが、デザインはどう注文したら良いのか、どうしたら高級感があふれる納得の一着に仕上がるのかと悩まれている方は多いと思います。
今回はオリジナルTシャツに関して、デザイン注文の流れと高級感を上げるポイントについて紹介します。

 

□デザイン注文の流れ

オリジナルTシャツを作るときの大まかな流れを3ステップで説明します。

 

*Tシャツとデザインを決める

まず、土台となるTシャツを選ぶことから始めます。
Tシャツには様々な種類があるので、予算や用途に合わせて適切なTシャツを選びましょう。
例えば、アクティブなシーンでのご利用が目的でしたら、通気性や速乾性の高いポリエステル素材のTシャツがおすすめです。

また、普段使いでのご利用が目的でしたら、繰り返し着ても型崩れしにくいドライ素材で厚手のTシャツがおすすめです。
他にも、ポケット付きのTシャツや柄物を選ぶことでよりオリジナルな一着にすることもできます。

次にデザインを決めます。
すでに完成しているデザインがある場合は、デジタルデータとして送付していただけます。
一方で、デザインツールがない場合やデザインが明確でない場合もご安心ください。

デザインのアイデアが固まっている場合は手書きでイメージを描いていただきます。
そのイメージを元にプリント用のデザインを作成いたします。
また、デザイン例やテンプレート集をご覧いただくことで、アイデアのヒントを得られます。
その上で、お伝えしていただいた希望やイメージを元にデザインを作成いたします。

 

*プリント方法を決める

Tシャツとデザインが決まったら次に、プリントの種類、配色、位置とサイズを決めます。
種類はレギュラープリントに加えて、より色が鮮やかにプリントされるフルカラーインクジェットやインパクトの大きい刺繍をオプションで付けられます。

配色は色の数によって値段が変わります。
カラフルな色使いでプリントを目立たせることや、グラデーションをつけて個性的にすることが可能です。
位置とサイズはプリント可能範囲を参照していただき、その中で対応いたします。

 

*デザインと見積もりをチェックする

以上すべてが決まったら、最終的なデザインと枚数に関して確認していただいた上で見積もりをお出しします。
もちろんこの時点でデザインの修正やオプションに関する質問があればお気軽にご相談ください。
その後、注文を確定していただくという流れです。

 

□オリジナルTシャツの高級感を上げるポイント

オリジナルTシャツで高級感を上げるポイントを3点お伝えします。
そのポイントは「素材」「厚さ」「差別化」です。

始めに「素材」について説明します。
素材によって服の着心地や雰囲気はガラッと変わるので、素材選びは非常に重要です。
多くの素材の中で最も人気なのは「綿」です。
特に綿100パーセントの服はなめらかな肌触りで涼しげな風合いなのでTシャツにぴったりです。

次に「厚さ」について説明します。
Tシャツの厚さを表す指標として「オンス」という単位をよく目にします。
下記のような目安で厚さを選んでください。

4オンス未満は非常に薄手で、白の場合はかなり透けます。
5オンスから7オンスは一般的な厚みで透けは気になりません。
7オンス以上は非常に肉厚で丈夫です。

高級感を求められる場合、7オンス以上のTシャツをおすすめします。
最後に「差別化」について説明します。
デザインで高級感を演出することも一つのポイントです。

一番簡単な方法は、ブランド品のTシャツにデザインを加えてオリジナルな一着に仕上げることです。
自分だけの一着には既製品以上に愛着が湧きます。
また、オリジナルな刺繍やワッペンを付けることも一つの方法です。
当社ではお客様のためだけの刺繍やワッペンをお作りしているので、ぜひご相談ください。

 

□まとめ

今回は、オリジナルTシャツを作る際のデザイン注文の流れや高級感を上げるポイントについて紹介しました。
ぜひ参考にしていただき、こだわりの一着を作ってみてはいかがでしょうか。
当社はTシャツ一枚からご依頼をお引き受けいたしますので、ぜひお任せください。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/