刺繍でオリジナルデザインのパーカーを製作してみませんか?

オリジナルの刺繍でパーカーをもっとおしゃれにしたい方や個性を前面に押し出したいとお考えの方はいませんか。
実は刺繡を利用したオリジナルパーカーは自分でも作れます。
自分で作ったオリジナルの物は、プレゼントにも良いでしょう。
今回は刺繍とプリントの違いと、オリジナルの刺繍パーカーを作成する方法を紹介します。

□刺繍とプリントの違い

オリジナルの物を作るには刺繍とプリントが選べますが、どのような違いがあるのでしょうか。

1つ目は耐久性です。
刺繍は布に縫い付けるので、洗濯をしても劣化しにくいです。
プリントは刺繍と比べると耐久性が低く、洗濯を何回もするとプリントが落ちる可能性があります。

2つ目はデザインです。

刺繍は縫い付け方に様々な技法があり、これらを駆使することでデザインを際立たせられます。
しかし、自分の理想に近づける場合は相当の技術や練度が必要になるので、誰でもできるわけではないでしょう。
反対にプリントは預かったデータを印刷するだけなので、個体差が出にくいのに加えて、細かいデザインも簡単に表現できます。

3つ目は高級感です。

プリントは布の面にそのまま映すだけなので、どうしても平面的になって高級感を出しにくくなります。
反対に刺繍は糸の種類や技法で高級感を持たせることも可能です。

このように違いが生まれるので、自分の希望に沿った方法を選ぶと良いでしょう。

□刺繍入りのTシャツは自作することも可能です

*準備物

準備するものは
・刺繍枠
・刺繍糸
・刺繍張り
・刺繍用下地シート
です。
これらは手芸店に市販されているので、簡単に手に入ります。

*下準備

刺繍を始める前には目指すデザイン案と刺繍用下地シートです。
準備したら下地シートに水性のペンでデザインを映します。
ここで油性ペンを使うと洗濯してもペンが消えないので、使用しないようにしましょう。
イラストを切り取ってシートを剥がして刺繍したい位置に貼り付けて、刺繍枠を使うと完了です。

*方法

やり方は刺繍の基礎に従って、下地シートに書かれた線に沿って縫い付けます。
刺繍が完成した後は刺繍用下地シートを溶かす作業です。
溶かす方法は刺繍部分を水に数分つけて置き、水で優しく揉み洗いをするとシートが溶け出します。
しかし、糸の部分は溶けにくいので、根気よく落とすのが大事でしょう。

□まとめ

今回は刺繍とプリントの違いと、オリジナルの刺繍パーカーを作成する方法を紹介しました。
うまくいかない場合はオリジナルのパーカーはもちろん、各種服を作成するサービスを行っており、見積もりも可能なので試しに見積もりをしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルパーカーを印刷する際の注意点とは?

オリジナルパーカーを印刷するときに何に注意すれば良いのか知りたい方はいらっしゃいませんか。
世界に一つの自分だけのものを作成できるのは魅力的ですが、失敗する可能性があります。
注意点をを最初に知っておくと、失敗する可能性を低くできるでしょう。
今回はオリジナルパーカーを印刷するときに注意点を紹介します。

□オリジナルパーカーを作る前に決めておくこと

オリジナルのものを作ろうとするとデザインに注意が向きがちです。
しかし、デザインを考える前に決めておかないと後々困ることがあるので紹介します。

それは、ジップアップとプルオーバーのどちらのパーカーを選ぶかです。
ジップアップは前面がチャックで開閉できるようになっており、コートのように袖を通して羽織れるパーカーです。
メリットは着やすく、脱ぎやすいので、温度調節をするのに便利です。

反対にプルオーバーは前面にチャックが無いパーカーです。
前面が開かないので、中のファッションを考えずにパンツとパーカーの組み合わせだけを考えられるのが良い点です。

チャックの有無でデザインも変化するので、どちらかに決めずにデザインを決めると、描き直しになる可能性もあります。

□そのほかに気を付ける注意点

パーカーにも選ぶ生地によって特性が変わります。
例えば、パーカーは秋と冬の寒い時期に着るものですが、冬に特化して分厚い生地と秋と冬の両方使える生地があります。
そのため、パーカーを利用したいシチュエーションは明確にすることをおすすめします。

これまではデザイン以前の話でしたが、以下ではデザインでの注意点を紹介します。

背中の部分にプリントを入れたい方もいると思いますが、パーカーは他の服と違ってフードがあります。
フードが垂れ下がって背中の部分と重なる場所にプリントを入れると、垂れ下がったフードで隠れるので、少し下目にデザインを入れると丁度良い位置にプリントを入れられるでしょう。

このように、パーカー特有の特徴を見落としてデザインを製作すると、作り直しの可能性が高まりますが、知識を手に入れたあなたなら初歩的なミスをすることは無いでしょう。

□まとめ

今回はオリジナルパーカーを印刷するときに注意点を紹介しました。
回避できる失敗は回避した方が良いでしょう。
紹介したポイントに注意してデザインを決めることで、良い仕上がりになります。
当社はパーカーのプリントを行っており、見積もりも可能なので試しに見積もりをしてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルデザインの施されたパーカーが欲しい方へ!

世界で1つだけのオリジナルデザインが施されたパーカーを作成してみませんか。
当社では様々な印刷方法で印刷ができます。
当記事ではパーカーとはついて簡単に紹介した後、当社で用意している印刷方法を紹介させていただきます。

 

□パーカーの基本情報について

実は、パーカーはもともとイヌイットが来ていた防寒服が起源だと言われています。
パーカーはイヌイット民族の言葉で「動物の毛皮」という意味から来ており、当時パーカーはアザラシやトナカイといった動物の皮が使用されていました。

気温が低い環境の中で寒さをしのぐために頭まですっぽり被れる防寒服として誕生したパーカーですが、1970年頃からファッションとして着られるようになりました。
ニューヨークでヒップホップが流行した時に、ラッパーが好んでスウェット生地のパーカーを着ていたので広く普及しました。

パーカーの特徴としてフードとそれを調節する紐がついています。
ジップで前を開け閉めできるジップアップ、ジップが半分までついているハーフジップアップパーカー、被って着るプルオーバーなど種類は様々です。

また素材もスウェットだけでなく、フリースやナイロンなど様々なので使うシーンを想定して適切なものを選べますよ。

 

□印刷方法には様々な種類がある

ここまででパーカーについての基本情報を紹介しました。
ここからはオリジナルパーカーを作る際の印刷方法をいくつか紹介します。

 

*シルクスクリーン

シルクスクリーンは1柄1色ごとに版という型を作り、その型にインクを入れて生地に直接乗せるようにして印刷する方法です。
1柄1色ごとに版を作成するのでプリント箇所や色が多いと、1枚当たりの単価が高くなってしまうデメリットがあります。
一方で、比較的色が鮮やかに発色する方法でもあります。

 

*インクジェット

インクジェットは生地に直にインクを吹きかけてプリントする方法です。
わざわざ版を作る必要が無いのでフルカラーのデザインを少数枚印刷する際におすすめです。
生地の色の影響を受けて予定していたデザインとは若干の差が出たり、ポリエステルにはプリントができなかったりといったデメリットがあるので注意しましょう。

 

*カッティングシート

これは専用のシートを使い、カッティングプリンターでデザインを切り出したものを生地に圧着させてプリントする方法です。
シートの色が限られているので希望の色がだせなかったり、グラデーションができなかったりするデメリットがあります。

 

□まとめ

当記事ではパーカーの基本情報と様々な印刷方法について紹介しました。
オリジナルパーカーを作る際は是非参考にしてみてください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

Tシャツにデザインを印刷する際は著作権に気を付けよう!

自分が趣味で着たり友達へのプレゼントとして贈ったりしても最適なオリジナルTシャツ。
今ではネットでデータを送り、注文して家に届けてくれるので非常に便利ですね。
そんな手軽に印刷できるオリジナルTシャツですが、作成時に著作権に気を付ける必要があります。
当記事では著作権について紹介します。

 

□著作権は一体何のためにあるの?

そもそも著作権はなぜ存在しているかご存知でしょうか。
著作権は著作物を創造した著作者に与えられる権利で、その著作者の努力に報いることで文化が発展することを目的としています。
著作権制度によって著作物を利用する人からお金を得られたり、、その報酬をもとにまた新しい著作物を生み出したりできます。
著作物を生み出した本人に利益を保証することで、文化が発展するしくみだと言えますね。

著作物には様々なものが含まれます。
例えば小説や論文のような言語の著作物、音楽の著作物、写真の著作物などがあります。
そのため、オリジナルTシャツを印刷する際に、インターネット上で拾ってきた写真を勝手に利用すると著作権を侵害することになるかもしれないので注意が必要です。

 

□オリジナルTシャツを印刷する上で注意すべきこととは?

著作権を侵害してオリジナルTシャツを作らないためには、いくつか注意するポイントがあります。
オリジナルTシャツを印刷する上でどのような点に気を付けたら良いのか紹介します。

著作物を利用したい場合は必ず著作権者や管理者に許可を取りましょう。
著作物の利用を許可してもらえない可能性が高いですが、中には第三者の利用を許可している企業もあるので、どうしても使用したい場合は一度聞いてみると良いでしょう。
許可が出なかった場合や、許可された目的以外で使用してはいけません。

著作物の利用が認められていないのなら、オリジナルを少し改変したパロディやオマージュであれば問題なく使用できると思われる方もいるでしょう。
しかし、日本の著作権法ではこれらも認められていないので注意しましょう。
著作権者の思惑とは違う形で著作物が伝わってしまったり、著作物の持つ品格を損なってしまったりしないためです。

もちろん、自分で1からデザインしたものを印刷する場合は、著作権法など気にする必要がありません。
せっかく世界で1つだけのオリジナルTシャツを印刷するのであれば、自分で考えたデザインを印刷してみませんか。

 

□まとめ

今回はオリジナルTシャツを印刷する上で注意が必要な著作権について紹介しました。
著作権を守ってオリジナルTシャツを楽しみましょう。
オリジナルTシャツに関してわからないことがありましたら、何でも相談してください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルデザインのパーカーを作りたい方へ!デザインの考え方を紹介します!

世界で一つだけのオリジナルなパーカーを当社で作成してみませんか。
自分の趣味や友達へのプレゼントなどとしても活躍するでしょう。
しかし、普段デザインに関わりを持たない方からしたら1からデザインを考えるのは難しいですよね。
そこで今回オリジナルパーカーのデザインの考え方を紹介します。

 

□オリジナルパーカーのデザインの考え方

オリジナルパーカーのデザインを考える上で最初に行うべきは、誰がどのようなシーンで使用するのかを整理することです。
例えば、「犬」をテーマにTシャツをデザインする場合であっても父や母にプレゼントする場合と同世代や子供にプレゼントする場合ではデザインは変わってきますよね。
着る人と、着る人がどんなときに来てくれるのかを想定することがデザインを考える際の第一歩になるでしょう。

次はどんな感じのものを作ればよいのか想像を膨らませましょう。
他のデザインからインスピレーションを得るとイメージが湧きやすくなります。
ピンタレストという無料で素晴らしいデザインができるサイトがあるので上手に活用すると良いでしょう。

インプットを蓄えたら実際に落とし込んで形にします。
実際に作ってみると意外と良いものができたり、そこから新しい発想が湧いたりするので臆することなくアウトプットしてみましょう。

 

□より良いデザインにするためには

プロの方も参考にしているデザインの基本原則を押さえておくと、より良いデザインにすることができます。
基本原則を3つ簡単に紹介します。

1つ目はコントラストです。
これは要素に区別をつけることです。
コントラストを意識することで1つのキャンバス上にある複数の要素を際立たせてメリハリをつけることができます。

2つ目は近接です。
関連する項目を物理的にまとめてグループ化することを近接といいます。
近接を意識すると上手な余白を作ることができるので、複数の要素があっても、一目でわかりやすくなります。

3つ目は整列です。
整列とは全ての要素を意識的に整えて配列することです。
中央揃えや左揃えなどがオーソドックスです。
全体的に文字が多いデザインにするときはこの整列という原則が役に立つでしょう。

 

□まとめ

当記事ではオリジナルパーカーを作る際のデザインの考え方について紹介させていただきました。
まずは使うシーンを想定し、インプット後にアウトプットをすることが大事。
デザインは基本原則を意識するとより良いデザインにすることができるということを紹介しました。
今後作成する際の参考になれば幸いです。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルトレーナーを作りたいという方へ!トレーナーの選び方を紹介します!

普段はトレーナーの生地や素材をあまり意識していない方が多いのではないでしょうか。
実は使うシーンごとに適した生地や素材があります。
オリジナルトレーナーを作りたい方に向けて、トレーナーについて紹介していきます。
作成時に参考にしてみてください。

 

□トレーナーの生地について

トレーナーの生地には裏毛と裏起毛があります。
それぞれに特徴があるので順に紹介していきます。

まず裏毛についてですが、すき間が多く、ざっくりとした肌触りの快適な着心地を持つ生地になります。
速乾性に優れているのでスポーツシーンでも利用することができ、オールシーズンで使いやすい生地です。

裏起毛は裏毛を特殊加工で起毛させた生地です。
太い糸が毛羽立ち柔らかく保温性にも優れており、ボリュームが出ることで層を生み出すので防寒性もあります。
ふわふわと毛が立っているので、裏毛より肌触りの良い生地です。

毛が水分を吸ってしまうので速乾性は高くありません。
そのためスポーツシーンには向いていませんが、ウィンターシーズンで活躍します。

 

□トレーナーの素材について

トレーナーでよく使用される綿、ポリエステル、混紡の特徴を紹介します。

 

*綿

綿は世界で最も生産されている天然素材の繊維の1つで、着心地と耐久性に優れています。
手触りや通気性、吸湿性にも優れているので気温が高い地域にお住まいの方や敏感肌の方におすすめの素材です。
高温にさらされてしまうと生地が縮んでしまうので、綿素材のTシャツを洗濯したり乾燥させたりする際に注意しましょう。

 

*ポリエステル

ポリエステルは石油が原料の合成繊維です。
1941年に開発され歴史は浅いですが、もはや私たちの生活に欠かせない存在となっています。
ポリエステルの1番の特徴は耐久性が高いことです。
ただ単に生地が強いだけでなく、型崩れが起きにくかったり、熱に強かったり、虫に食べられることが無かったり、あらゆる面で耐久性に優れています。

また耐久性だけでなく速乾性も高いです。
吸水性が低いので洗濯後もすぐに乾いてくれて、シワにもなりにくいでしょう。
しかし、吸水性が低いという特徴はスポーツには不向きとも言えます。

 

*混紡

混紡とはその名の通り、複数の素材が混ざっている素材です。
素材の組み合わせにより特性も変わってきます。
例えば綿とポリエステルの混紡は、綿の型崩れしやすい短所をポリエステルが補い、綿の長所である通気性を活かすという良いところ取りな素材となっています。

また綿とポリエステルにレーヨンを加えて着心地を良くしたものや、ポリエステルとスパンデックスという素材を混ぜて柔らかな触り心地と耐久性を両立させた生地などがあります。

素材にはそれぞれ長所と短所が存在しているので、使うシーンを想定して素材を選ぶと良いでしょう。

 

□まとめ

当記事ではオリジナルトレーナーを作りたい方に向けて生地や素材について紹介しました。
トレーナーや印刷に関してわからないことがありましたら、是非当社までご連絡ください。

 

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツを作りたい方必見!色の選び方を紹介します!

どの色がどんな印象を与えるのか、また適切な配色が何かを自分で考える機会は少ないと思います。
そのため、オリジナルTシャツを作ろうと思っても困ってしまうのではないでしょうか。
色は印象を決める大きな要因なので失敗したくありませんよね。
そこで今回、色について紹介します。

 

□ケース別!オリジナルTシャツの柄や色の選び方

色を決める際にオリジナルTシャツをどのようなシーンで着るのかをイメージしましょう。
シーンによって適切な色は変わります。

例えば釣り好きなお父さんに、釣りをイメージしたオリジナルTシャツをプレゼントするとしましょう。
釣りをするというシーンを想定した時に、海や川にいることが想像できます。
そうなると、緑やピンクでは違和感がありますよね。
このようなシーンでは「青」が適しているのではないでしょうか。

他にもスポーツ用なのか、普段着用のTシャツなのかによっても適切な色は変わってきます。
スポーツ用のTシャツが派手な色でも違和感はありませんが、シャツの下に着る用のTシャツなのに派手な色ではやはり浮いてしまうでしょう。

このように色を考えるにあたって大事なことはシーンを考えることなので、オリジナルTシャツを作る際は是非、この点に注意をしてみてください。

 

□色について

シーンを考えたら次は色について詳しく見ていきましょう。

 

*色が与える印象

色彩心理という言葉を耳にしたことをあると思います。
色には、それぞれが持っている印象があります。
例えば、黄色であれば「希望」、黄緑であれば「若々しさ」、青色は「誠実さ」などです。
オリジナルTシャツを着るシーンの印象や雰囲気に合わせて色を選んでみても良いのではないでしょうか。

 

*色調で変わる印象

色彩の濃淡強弱の調子のことを色調というのですが、これによっても与える印象は変わります。
ここまで意識できると上級者と言えるでしょう。
大きく3つの色調に分けられるので紹介します。

1つ目は淡く明るい色調であるペールトーンです。
ベビー服や肌着で使われることが多い優しい印象を与えるトーンです。
主張が激しくないので、広い面積で使用しても威圧感は感じません。
白や薄いベージュなどと組み合わせると、品の良い清潔感ある印象を与えられます。

2つ目は明るく華やかなブライトトーンです。
運動する場では馴染むトーンですが、主張が激しいので、普段使いのTシャツを作成する場合は面積に気を付けると良いでしょう。

3つ目は落ち着いた印象のあるダークトーンです。
やや重たい印象があるので、白やペールトーンと組み合わせて華やかさを演出すると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は色を考える際にシーンを想定すると良いこと、色や色調によって与える印象が変わるということを紹介しました。
オリジナルTシャツを作る際は是非、参考にしてみてくださいね。

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツのデザインの考え方をご紹介!

オリジナルでTシャツを作る際、どのようなデザインにすれば良いのか悩みますよね。
せっかく作るのであればより良いデザインにしたいと思います。
そこで今回、デザインの考え方を紹介します。

 

□オリジナルTシャツのデザインの考え方とは

無地のTシャツにプリントを施すことで、世界で一つだけの個性的なオリジナルTシャツを作れます。
しかし、普段からデザインに関する仕事にでも携わっていない限り、いきなりデザインを考えるのは至難の業でしょう。
そこで今回デザインを考える上で大事なポイントを3つ紹介します。

1つ目は使うシーンを考えるというものです。
普段着として使用するのか、イベントで盛り上がるために使用するのかによってデザインの雰囲気も変わってきます。
まずは何のためにオリジナルTシャツを作るのかを考えて、その目的に沿ったデザインにしましょう。

2つ目は案をたくさん出すというものです。
長い時間じっくり考えて、1つのデザインを考え出すのも1つの手でしょう。
しかし、短い時間でたくさんの案を出す方をおすすめします。
たくさんのデザインを出すことで、それぞれのいいところを組み合わせてより良い作品ができあがることもあるでしょう。

デザイン自体をどうするか悩んでしまう場合は、デザイン集のような本やサイトを参考にすると良いです。
質の高いアウトプットは質の高いインプットからとも言われますよね。
ピンタレストというアプリやサイトを有効活用してみてください。
無料で大量の質が良いデザインを見られます。

3つ目は必ずしもデザインを1から考える必要はないということです。
自分で最初から考えるのは難しいですよね。
そんなときは、写真や文字だけでオリジナルTシャツを作ってみましょう。
筆文字にしたり英文にしたりすると雰囲気のある仕上がりになります。

 

□余白もデザインであることを意識しよう

デザインそのものを凝ることは重要ですが、それ以外にもデザインを考える上で大事な要素があります。
それは「余白」です。

余白は言葉の印象から画面上の余分な空間と思われがちです。
しかし画面の余った部分と考えてはいけません。
余白はデザイン上で必要な空間と考えるようにしましょう。

余白を効果的に使うために意識しておくべき点は、余白が「要素を目立たせるための空間」であり、また「全体と細部のバランスをとる空間」であるということです。
余白はデザインの完成度を大きく左右するので疎かにしないようにしましょう。

 

□まとめ

今回、オリジナルTシャツのデザインの考え方と、デザインを考える上で余白が大事になることを紹介しました。
オリジナルTシャツを作る際は是非今回紹介した内容を参考にしてみてください。

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

オリジナルTシャツを作成する際どんな素材が良いのかわからないという方へ!

皆さんが毎日身に付ける服にはたくさんの素材の種類があり、それぞれに特徴があります。
オリジナルのTシャツを作る際には、用途に合わせて素材を選ぶ必要があります。
そこで今回、服にはどのような素材があるのか、また、特徴について紹介します。
オリジナルTシャツの製作を検討中の方は参考にしてください。

 

□どんな素材があるの?

服の素材には大きく分けて天然繊維と化学繊維に分けられます。
それぞれ代表的な素材を2つずつ見ていきましょう。

1つ目は綿です。
日本の衣料素材の4割を占めているともいわれる、代表的な素材です。
Tシャツや襟シャツ、ニットトレーナーなどによく使用されていますね。

2つ目は麻です。
涼しさが特徴なので、春服や夏服の素材として定番ですね。
通気性が良いので、高温多湿の日本の夏にぴったりの素材といえるでしょう。

次に化学繊維の素材を見ていきます。
1つ目はポリエステルです。
綿や麻に似せて開発された化学繊維で、マイクロファイバーと呼ばれる超極細繊維のものが多く使用されています。
優秀な特徴を持つポリエステルの素材は、普段使いにぴったりの生地でしょう。

2つ目はレーヨンです。
木材パルプが原料の素材で、様々な衣料に使われています。
光沢感があるのが特徴で、色も染まりが良いため鮮やかできれいです。

 

□素材別のメリット・デメリットを紹介

上記で4種の服の素材を紹介しました。
それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。
上記に紹介した順に見ていきましょう。

まず綿ですが、吸水性に優れており、汗や水を吸い取ってくれます。
メリットとしては肌触りが良く、清涼感ある着こなしができることがあげられます。
縮みやすいというデメリットがあるので洗濯の際は注意が必要でしょう。

次に麻についてです。
通気性が良く、吸水・吸湿性に優れているというメリットがあり、汗をかく夏場でも快適に過ごせるでしょう。
デメリットは色移りがしやすいことです。
こちらも洗濯する際は、タグを確認するなどして注意しましょう。

化学繊維であるポリウレタンは強度が強く、シワになりにくいメリットがあります。
綿と違い、縮むこともありません。
速乾性にも優れているので、運動をする際に着る服の素材としてよく利用されます。
デメリットは静電気を帯びやすいことです。

レーヨンのメリットは、上でも述べましたが、光沢感があり高級感があることでしょう。
肌触りも優しく、清涼感があるので夏にぴったりの素材です。
洗濯すると縮んでしまうというデメリットがあるので気を付けましょう。

 

□まとめ

今回の記事では、服には様々な種類があること、またそれらの特徴やメリット・デメリットについて紹介しました。
オリジナルTシャツを作る際には、その用途から適した素材を選んでみてください。

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/

自作でオリジナルTシャツを作るメリットとデメリットとは

出かける際や室内でも気軽に着られるTシャツ。
頻繁に利用するTシャツを、自分で作ってみてはいかがでしょうか。
自分でプリントする方法や、インターネットを通してデザインを業者に送り注文するという方法があります。
今回は自分でオリジナルTシャツを作る際のメリットとデメリットを紹介します。

 

□オリジナルTシャツのメリットとは

業者に頼むのではなく、自分で作る場合、アイロンプリントシートを使う方法が一般的です。
アイロンプリントシートにプリンターで印刷したデザインを、アイロンの熱で生地に圧着させる方法です。

この方法を用いた場合、好きなデザインのTシャツを早く安く作成できるという点です。
Tシャツやシートの種類やメーカーによって値段にバラツキはありますが、安いものを選んだ場合、合計で2000円前後に押さえられるでしょう。
また業者に依頼をした場合、印刷をしてもらえる箇所が限定されてしまいますが、自分で作るので限定されることなく、好きな個所に印刷できます。

自作でする場合や業者にプリントを依頼する場合は、得られるメリットには多少違いがあるでしょう。
しかし共通して言えることは、どちらも「この世界に一つだけ」のTシャツを作れるということです。
既製品にはない、自分で作ったという価値があるので愛着が湧くのではないでしょうか。
また、作るという製作過程の楽しみを味わう事ができます。

 

□オリジナルTシャツのデメリットとは

アイロンプリントシートを使用して自作する場合のデメリットとして、失敗する可能性が高いという点が挙げられます。
印刷設定に誤りがあったり、インク不足があったりすると、かすれたりにじんだりして上手くシートを印刷できないでしょう。
またシートを上手く印刷できたとしても、アイロンの温度が適切でなかったり長時間あてすぎたりすると失敗してしまいます。
このように気をつけるべきポイントがたくさんあるので、未経験の方には少し骨が折れるかもしれません。

これらの作業が面倒だと感じたら業者の方に作成を依頼してみましょう。
既に述べたように、印刷場所に制限があったり自作と比べて時間がかかったりするかもしれません。
しかし仕上がりのクオリティはやはり高く、またデザインを注文したら後は届くだけなので非常に楽ちんです。

 

□まとめ

自分で作るとより製作過程を楽しめるメリットがある反面、仕上がりや質感は業者で作成する場合と比べて劣ってしまうデメリットがあります。
自分で上手く作れる自信はないがオリジナルTシャツが欲しいという方は是非当社までご連絡ください。

 

 

オリジナルTシャツなら大阪のTANDSへ!
https://www.tands-net.com/